連載

ローソン「リンゴの入った四角いクリームパン」を食べてみた

新商品やこれから話題になりそうなものをレビューしていくこの企画。本日はローソンで発売中の「リンゴの入った四角いクリームパン」をご紹介します。キューブ型が特徴のパンの中には、濃厚なカスタードクリームとシャキシャキとしたリンゴ入りです!

2016年7月19日 更新

「リンゴの入った四角いクリームパン」を実食!

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、ローソンで販売されている「北海道小麦「春よ恋」リンゴの入った四角いクリームパン」をご紹介します。
この商品は、北海道産の小麦粉「春よ恋」を使った生地でアップルフィリングとクリームを包んで焼き上げ、そのあとさらにクリームをつめた商品。
最近キューブ型のスイーツをよくパティスリーで見かけますが、遂にコンビニでも売られるようになりましたね。透明のパッケージを手で持つと、中には厚みのあるパンが入っているのがわかります。

袋の中にはキューブ型のパンが!

「リンゴの入った四角いクリームパン」を袋の中から出してみました。上からみると、角がやわらかな、四角い形です。
横から「リンゴの入った四角いクリームパン」を見てみると、形がよくわかりますね。表面にはこんがりと焼き色がついており、食パンのようです。

コロンとした見た目が、とってもかわいらしい!いったいどうやって作っているのか気になります。

クリームはバニラビーンズ入り!

クリームパンと言えば、グローブ型のイメージがありました。しかし「リンゴの入った四角いクリームパン」はキューブ型。いったいどのような形でクリームが入っているのか気になり、半分にカットしてみました。

そうすると、きめ細かいパン生地の中には、黄色みが強いたまご色をしたカスタードクリームが半分より上のほうに入っていました。パンの下の方には入っておらず、少しだけ残念......!
しかし、カスタードクリームのなかに見える黒い粒を見てください。中にはバニラビーンズが入っており、本格的に作られているのがわかります。

手前にダイスカットされたリンゴが見えました。断面ではわかりにくいですが、リンゴはいったいどれくらい入っているのか!

気になるお味は?

「リンゴの入った四角いクリームパン」をいただきます!

いったいどんな味に仕上がっているのか!
それでは「リンゴの入った四角いクリームパン」をいただきます。
口に近づけると、カスタードクリームから卵の豊かな香りに鼻腔をくすぐられます。ひと口食べると、カスタードクリームの甘さが口の中いっぱいに広がり、溶けていきました。

重みがあって舌触りはなめらかなカスタードクリームは、見た目よりも固くはありません。ダイスカットされたリンゴは、クリームの中にゴロゴロと入っていました。シャリシャリとした食感が残るみずみずしいリンゴが、クリームをやわらかくしているのでしょう。
パン生地は、思っていた以上にやわらかくキメが細かくなっています。しっとり感はありませんが、パサつかずにふかふかな食感です。小麦の甘さがほんのり感じられました。これが北海道産小麦の「春よ恋」の味わいなのですね!

ごちそうさまでした!

「リンゴの入った四角いクリームパン」、ごちそうさまでした!

キューブ型が特徴のクリームパンは、きめ細かくてほのかな甘さがおいしいパン生地に、カスタードクリームの濃厚な味わいが絶妙に混ざり合っていました。

カスタードクリームは思っていたよりも量が少なかったですが、味がしっかりと感じられるので、この量でも充分に満足できるのではないでしょうか。また、甘さの中にリンゴのほのかな酸味が感じられ、飽きずに食べられました。

お値段は税込 130円と、コンビニの菓子パンと同じくらいの価格。女性ひとりでも食べきれるであろう大きさで、軽食やおやつにぴったりですよ!
(写真・文:金居)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう