連載

セブンイレブン限定のハーゲンダッツ「ジャポネ」を食べてみた

新商品やこれから話題になりそうなものをレビューしていくこの企画。本日はセブンイレブン限定で発売中のハーゲンダッツ「ジャポネ」をご紹介します。甘味の魅力を詰めあわせたような、日本人なら誰もが好む味わいです。

ハーゲンダッツ「ジャポネ」を実食!

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、セブンイレブン限定で販売されているハーゲンダッツ「ジャポネ」シリーズの新フレーバー「ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>」をご紹介します。
ハーゲンダッツの「ジャポネ」は、ハーゲンダッツとセブンイレブンの共同開発で誕生したアイスクリームデザートだけをラインナップしたシリーズ。その第6弾として登場したのが「ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>」です。
涼しげで清涼感を感じられるパッケージは、どこか上質感がありますね。

フタを開けると黒蜜が!

さっそくふたを開けてみると、表面に茶色いソースがかかっていました。ソースといっても、アイスなのでちゃんと凍っています。

色とツヤから判断して、これは黒蜜かな?と思いましたが、原材料を見てみると「きな粉ソース」という記載が。ということは、この茶色いソースは「きな粉ソース」なんですね!

「きな粉ソース」を初体験

「きな粉ソース」はツヤツヤとした飴色をしていて、とってもおいしそう。粉末のきな粉は食べたことがありますが、ソースというのははじめてです

画像をよく見ていただけるとわかるのですが、ソースの中に粉のようなものが入っています。きっとこれが、きな粉なんですね。

きな粉ソースの下は一体?

「ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>」のきな粉の部分はみつかりましたが、黒蜜とアズキの要素はいったいどこ? ということで、断面を見てみました。
「きな粉ソース」の下にはミルクアイスクリームがありました。注目すべきは、このミルクアイスクリームの下。茶色のアイスの層があります。

そして、よく見るとこの層の中にアズキの姿が。ということは、「ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>」はソースを含めた3層構造になっているんですね。
この茶色い部分の正体は、「黒蜜ソルベ」と「アズキ」です。先ほど「きな粉ソース」をはじめて食べるといいましたが、「黒蜜ソルベ」も同じく食べたことがありません。

ひとつのアイスでふたつも未体験な味に出会えるなんて、今日はツイてます!

気になるお味は?

「ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>」をいただきます!

いったいどんな味に仕上がっているのか!それでは「ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>」をいただきます。
3層をひと口で味わえるよう、スプーンをしっかり下まで入れてすくい取ります。口に近づけると、きな粉の匂いが鼻腔をくすぐり、食欲をそそります。
ひと口食べると、本格的な和風甘味の味わいが......!香ばしいきな粉ソースは、粉っぽさがなくトロリとしていて、ミルクアイスクリームと絶妙に混ざり合います。
なめらかな舌触りのミルクアイスクリームは、ミルクの味わいがしっかりと感じられました。下の層の黒蜜ソルベは、それだけを食べるとシャリシャリとした食感で、ソルベとは思えないほど黒蜜の風味が濃厚です。
丸ごと入っているアズキは、まるで茹でたばかりのように、やわらかくてしっとりとしていました。食感もたのしく、良いアクセントになっています。

ごちそうさまでした!

特集

SPECIAL CONTENTS