連載

パサパサみかんが復活!『夏みかんの爽やかセミフレッド』レシピ

夏みかんの旬は6月まで。ちょっと時期が過ぎた今の夏みかんは、実がパサついていてガッカリ‥なんてありますよね。今回はそんな夏みかんが復活する、イタリアのセミフレッドのレシピです。意外にお酒と合いますし、暑い季節にもぴったりですよ。

セミフレッドとは?

日本ではあまりなじみのない「セミフレッド」ですが、イタリアを中心にヨーロッパではポピュラーなドルチェです。

ポイントは「半解凍状態であること」
アイスクリームケーキやフルーツタルト、ティラミスを冷凍し、フォークを差し込める程度に解凍してくちどけを楽しむものです。

半解凍状態であれば、はっきりと材料の定義はなく、家庭で簡単に作れる、親しみやすいお菓子です。

甘さたっぷりのセミフレッドもおいしいですが、たまにはお酒に合うセミフレッドはいかがでしょう?クリームチーズと夏みかんで、ちょっと大人なドルチェをお楽しみください。

『夏みかんの爽やかセミフレッド』の作り方

材料(25✕20✕3cmのバット使用)

夏みかん 1個
生クリーム 100cc
クリームチーズ 50g
卵 2個
砂糖 大さじ3
卵は加熱しないので、新鮮なものを使用しましょう。

作り方

①夏みかんは皮・薄皮を剥いてひと口大にほぐしておく。
②卵は卵黄と卵白に分け、卵黄を砂糖と合わせてボウルに入れる。
③泡立て器で全体が白っぽく、もったりするまで混ぜる。
卵黄をしっかり泡立てることで、食感がふんわりなめらかに仕上がります。
④卵白をツノが立つまで泡立てる。
卵黄と同じように、卵白もしっかり泡立てましょう。
⑤生クリームを6分立てにする。
生クリームはツノが立つまで泡立てると、食感が軽くなりすぎてしまいます。とろみが残ったヨーグルト状ぐらいがベストです。
⑥生クリームにクリームチーズを混ぜあわせ、卵黄を加えて混ぜる。
メレンゲを加える前は、泡立て器でかき混ぜて問題ありません。クリームチーズが全体になじむよう、よく混ぜましょう。
⑦夏みかんを果汁ごと加えて、ざっと混ぜる。
⑧メレンゲを加えて、さっくり混ぜ合わせる。
メレンゲの気泡が潰れないよう、スパチュラ等で切るように混ぜましょう。
⑨バットに注ぎ込み、冷凍庫で冷やし固める。
5〜6時間冷凍庫で寝かせましょう。
⑩固まったら、包丁で食べやすいように切込みを入れる。
完全に凍ってから切りましょう。
気泡が含まれているので、固まっていてもカチンコチンではなく、包丁が差し込めるやわらかさです。

お酒と供に、Salute!

休日の昼下がり、ちょっと一杯‥という時はセミフレッドで決まり!

シャリッとしたさっぱりとした食感は、暑い季節にぴったりです。
チーズでまろやかな味わいに、夏みかんのほろ苦さが大人の味わいです。

甘さ控えめなので、そのままでももちろん、お好みでチョコレートシロップをかけたり、ラムやブランデーを少量つけてもおいしくいただけます。

口当たりがよいので、うっかり飲み過ぎにはお気をつけ下さいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう