連載

明治「たけのこの里レモンタルト味」を食べてみた

新商品やこれから話題になりそうなものをレビューしていくこの企画。本日は明治製菓から発売中の「たけのこの里レモンタルト味」をご紹介。レモン風味のチョコレートを使った、夏にぴったりのフレッシュなたけのこ里のレポートです!

2018年6月7日 更新

明治製菓「たけのこの里レモンタルト味」を実食!

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。 本日は、明治製菓から発売中の「たけのこの里レモンタルト味」をご紹介します。
これまでにも数多くの個性的な味を発売してきた、たけのこの里ですが、この夏に新登場したのはレモンタルト味。爽やかなフレーバーのこちらには、レモン2.2%(生換算)が入っているんですって!

パッケージは、全面レモン色にレモンのイラストまでほどこした、レモンづくし。レモン2.2%(生換算)入りのたけのこ里って一体どんな味?とっても気になります。

レモン色パッケージ、オープン!

興味津々に早速パッケージを開けると、中には15粒前後のたけのこの里が入っていました。パッケージを開封した瞬間から、レモンの香りがはじけることを想像していたのですが、柑橘系の香りはほんのわずか。注意深く探って感じたのは、バニラやレモンミルクの甘い匂いです。

白いたけのこの里を観察

期待していたレモンの香りがわずかだったことは少し気になりますが、気を取り直してレモンタルト味のたけのこの里を改めて観察してみることに。クッキー生地を下にして真上から眺めてみると、生地はほとんど見えずチョコレートがたっぷりとかかっていることがわかります。
かかっているチョコレートは、ホワイトチョコレートのような見た目ですが、「レモン香るチョコレート」と、裏に表示がありました。肝心のレモン風味が潜んでいる部分のようですね。
チョコレートの下にのぞくクッキーは、表示通りのサクサクな様子。見た目にも歯ごたえがよさそう。こおばしいクッキー生地にレモン香るチョコレートをかぶせることで、レモンタルト味を表現しているんですね、なるほど!実食がますます楽しみになってきました。

たけのこの里の中をのぞいてみよう!

すぐに口に放り込みたかったのですが、中にもレモンタルト味のポイントがあるような気がして、ちょっと中身ものぞいてみることにしました。縦にぱっかりと割ってみると、クッキー生地にかぶせたチョコレートが、たけのこの里の上部に角のように飛び出しています!

小さなクッキーに、レモン香るチョコレートをかけられるだけかけているんですね。食べた時のレモンの風味が気になります。

気になるお味は?

「たけのこの里レモンタルト味」をいただきます!

はたして「たけのこの里レモンタルト味」は、どんな味わいでしょうか?いただきます!

ひとかじりすると、たけのこの里からレモンの酸味がはじけてきました。パッケージに「レモン2.2%(生換算)」とありましたが、わずかな量でもここまでフレッシュな風味が香るとは!驚きです。サックサクの甘いクッキー生地の中に入り込む酸っぱさと、クリーミーなチョコレートがひとつになった、たけのこの里の食感は、クセになる人も多そう。

口の中に広がる味わいは、確かにレモンタルトを食べた時の酸味と甘みのバランスに近い感想を持ちます。

ごちそうさまでした!

「たけのこの里レモンタルト味」、ごちそうさまでした!

たけのこの里の新フレーバーは、かじった瞬間からさわやかなレモンの風味が口いっぱいにひろがる、今までに経験のなかったお菓子でした。暑い夏には冷蔵庫でよく冷やして食べると、爽やかが増してさらにおいしくいただけそうです。

気になった方はぜひ、お近くのお店でチェックしてみてくださいね。
(文:蒲原、写真:植松)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう