うまみが凝縮&甘みがアップ!試す価値ありの焼き枝豆レシピ

枝豆といえば茹でたものが一般的で、それはそれでおいしいですよね。でも実は、「焼く」と美味しさがアップするんです。それを実感できる美味しい作り方を、伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフに聞きました。

2016年6月29日 更新

新しい枝豆の食べ方!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
枝豆といえばゆでたものが一般的。でも実は、「焼く」と美味しさがアップするんです。それを実感できる美味しい作り方を、伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフに聞きました。

うまみが凝縮!「焼き枝豆」のレシピ

「ゆでるとうまみが水に出ていってしまいがちですが、焼くとうまみは凝縮します。さらに、じっくり火を通すとでんぷん質がゆっくりと糖化するので、甘みが強くなるんです。

[材料](作りやすい分量)

枝豆…100g ※収穫してから鮮度が落ちにくい枝付きのものがおすすめ
塩…小さじ1程度
ごま油…大さじ1弱
ラー油…お好みで

[作り方]

①枝豆に塩をまぶす
枝豆が枝付きの場合は、ハサミや包丁で枝からさやを切り離し、ざっと水で洗って水気を拭き取る。

分量の塩をふり、手で優しくもむように全体に塩をまわしたら5~10分おく。こうすることで皮の汚れやアク、えぐみを取る。
②両面に焼き目がつくまで焼く
フライパンにごま油をひき、枝豆を重ならないように並べ火にかける。両面に焼き目が付き、さやが少し開いて豆が見えている状態になったら完成。お好みで仕上げにラー油(分量外)を全体にかける。

焼くことで水分が抜けて豆が少し痩せるので、気になる人は焼き上がりに水を大さじ1ほど加えるといいでしょう。
1 / 2

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう