相模原「オギノパン」は、駐車場が埋まるほど人気の工場直売パン屋さん

神奈川県相模原市にあるオギノパンは、工場が併設された広大な敷地面積を誇るパン屋さん。連日駐車場が埋まるほど多くのお客さんで賑わい、昔なつかしの揚げパンや種類豊富なあんぱんが大人気!工場見学もできるので、ご家族で訪れてみませんか?

2018年10月15日 更新

ライター : りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 様々な角度から「食」について考えていけたらなと思います。

オギノパンとは?

みなさんは、「オギノパン」というパン屋さんをご存じですか?もともとは給食のパンから始まったという「オギノパン」。今や給食だけでなく、店舗販売はもちろん、百貨店催事、地域のイベント、近隣スーパーへの販売などもおこなっています。 学校給食では、毎年1月に「干支のパン」をサプライズ給食として取り扱っており、そのほか、春のお花パン、夏のアイスクリーム型パンなど、楽しいだけでなく、季節感のある食育にこだわって提供しているそうです。 こちらのお店のテーマである「開発と挑戦」。いつになっても新しい挑戦をし、開発を続けることが人気の秘訣でもあるかもしれませんね。 今回は、そんな「オギノパン」についてご紹介します。

広大な「オギノパン」の工場直売店

とても大きい!

お店は工場併設なので、とても大きいです。お店の外で売っているパンもあり、まるでお祭りのように賑わっています。土日や長期休みなどには、家族連れの人たちが目立ち、たくさんの人で溢れかえっています。こんな広い駐車場が埋まってしまうなんて、驚きですよね。

店内も人でいっぱい!

もちろん店内も、たくさんの人で賑わっています。広めの店内ですが、常に人がいるので広さはあまり感じられないかもしれません。パンの量がとにかくいっぱい!当たり前ですが、どこを見渡してもパンだらけです。スタッフさんはとても丁寧に接客してくれるので、安心して買うことができますよ。

オギノパン名物あげぱんと丹沢あんぱん

「あげぱん」と「丹沢あんぱん」は、お店の外で売っているパンです。お店の人気No.1とNo.2で、外には常に行列ができるほど。

あげぱん

110円(税別)
あげぱんなのに油っぽさはまったくなく、外はカリカリ、中はもちもちしています。こんがりとしていて、揚げた香ばしさがしっかりと伝わってきますよ。 神奈川県のB級グルメ大会「神奈川フードバトル」で、2010年と2011年に2年連続で金賞を受賞した実力のあるあげぱん。どこか懐かしい味がクセになります。ぜひ、できたてをいただいてみてください。

丹沢あんぱん

130円(税別)
いくつか種類のあるこちらのあんぱん。こし、みるく、季節ものの栗など、約8種類あります。どれも中の具がぎっしり!大きさは通常のあんぱんよりもやや小さいものの、持ったときにずっしりと感じる重みで、中身が詰まっていることが分かりますよ。 どの種類を選んでも、きっと満足できるはずです。一番人気はシンプルな「こし」。あんこのほど良い甘みと、パン生地の相性は抜群ですよ。ほかにも、上品な甘さの白あんが入った「しろ」や、ほっくりとした風味が特徴の「さつまいも」、栗の味わいがしっかりと感じられる「くり」、新感覚の甘酸っぱさがクセになる「れもん」など、あなたの気になるものを選んでみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS