ローディング中

Loading...

コーヒーにはミルクや砂糖、と思っていませんか?ところが世界的には、スパイスをコーヒーに入れて楽しむのがメジャーなんです。どんなスパイスが合うのか、各スパイスの効能についてもお伝えします。いつもと違う味の冒険をしてみませんか?

コーヒーとスパイスが合うんです!

コーヒーに入れるのは、「牛乳」や「砂糖」が定番。多くの方がそう思っているのではないでしょうか?しかし今、世界的にはコーヒーにスパイスを入れる飲み方が一般的になっているんです。

コーヒーにスパイスというとちょっと意外に感じますが、マッチするのだとか。では、どのようなスパイスを入れるとよいのでしょうか?
今回はコーヒーとスパイスの楽しみ方についてご紹介しますね。

コーヒーに入れるスパイス

シナモン

シナモンは紅茶に入れても味を引き立ててくれますが、コーヒーに入れてもおいしいんです。インスタントコーヒーをシナモンパウダーと一緒に、コーヒーカップに入れてお湯を注ぐと、もうそれだけで香り高いコーヒーが味わえますよ。

内臓の動きを活発にし、消化力もアップしてくれるシナモンは、ダイエット中にも役立つスパイス。シナモンの香りで空腹感を抑えることもできるので、甘いお菓子を食べたいという欲求を抑える効果も期待できますね。

また、毛細血管が傷つくと血流が悪くなってセルライトが体につくと考えられているので、毛細血管を保護する作用のあるシナモンが強い味方になってくれますよ。セルライトのない、すっきりと美しいボディラインをキープしたいですよね。

※非常に薬効が高いスパイスなので、1日の摂取量は2~3gがおすすめです。10g以上は過剰摂取になりますので注意してくださいね。

カルダモン

カレーの調味料としておなじみのカルダモン。サウジアラビアではコーヒーポットの注ぎ口にカルダモンを詰めてコーヒーを注ぐのが人気の飲み方。お客様が来たときに歓迎のしるしでサーブされるのだとか。ワインや紅茶に入れてもさわやかな香りを楽しむことができますよ。

コーヒーかカフェオレにカルダモンパウダーをふりかけて飲んでもいいですし、カルダモンのさやに傷をつけてコーヒーサーバーに入れ、ホットコーヒーを淹れる方法でお湯(約280cc)をゆっくり円を描くように注いで、濃いめに抽出します。氷のいっぱい入ったグラスにそのままコーヒーを注ぎましょう。ミルクやシロップで味をつけてもOK。

口臭や体臭を防ぐ効果や、脂肪燃焼を助けてくれるカルダモン。リラックス効果もあるとのことなので、生理前にイライラしてしまいがちな方は、ぜひコーヒーにも入れてみてはどうでしょう?

ナツメグ

ナツメグパウダーをコーヒーカップに入れて、その上からコーヒーをドリップするのもオススメです。ナツメグだけでなく、シナモンやカルダモンなどと一緒に、少しずつ使う方も多いようです。ちょっぴり刺激的で、スパイシーなコーヒーができあがります。お好みでミルクを入れるとまろやかな味わいに。

ナツメグには消化を促進する効果があり、その香りにはカルダモン同様にリラックス効果も。整腸作用にもすぐれていますから、お通じに悩んでいる方にもおすすめの飲み方です。

タイム

タイムは、コーヒーにほんの少し加えるとコクとまろやかさが増し、清涼感のある味わいに。

また抗菌作用にすぐれており、呼吸器系の調子が悪いときに効果があり、せき・タンを取り除いてくれ、風邪やインフルエンザ、胃腸炎にも効き目があるので、体調を崩したときの免疫力アップにもオススメです。

クローブ

クローブパウダーをコーヒーにひと振りするだけで、味が濃厚になって、風味もアップします。クローブは和名では丁子(ちょうじ)と呼ばれ、漢方薬にも使われています。消化機能の促進体をあたためる効果もあるので、冷え性の方にはおすすめ。しゃっくりや吐き気、下痢にも効果があるのだとか。

スパイスコーヒーの作り方

豆と一緒に抽出する

コーヒーメーカーをお持ちの方であれば、スパイス類はコーヒー豆と一緒に抽出してもいいでしょう。
難しいのはコーヒー豆に対しての各スパイスの量ですが、コーヒー1~2杯抽出するのに対して、カルダモンなら1~2さや、ナツメグであれば、コーヒー1杯に対して1かけらほど。香りが強いものですから、ごくわずかにして、一度試してみてもっと多いほうがいいと感じたら、増やしてみましょう。

ナツメグを入れるとコーヒーにほのかな甘さが加わり、クローブはスモーキーな風味をプラスしてくれます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

まとめ

プチプラでかわいい雑貨がそろう、大人気のダイソー。この秋にもおしゃれで胸キュンな新商品が、続々お目見えしています。そこで今回は、新商品の中からおすすめのグッズを厳選してご紹介します。秋の行楽やハロウィンパーテ…

チョコレート お菓子 スイーツ まとめ

カカオポリフェノールを多く含んだハイカカオのチョコレートが、その高い健康効果から、今注目を浴びているんです。今回は、メーカー各社から発売されているハイカカオチョコレートの中から、厳選して6つの話題な新商品をご…

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

焼きそば レシピ まとめ

手軽に作れて人気の焼きそばですが、作りすぎて翌日に「残り物」を食べることってありませんか?今回は、そんな焼きそばのリメイクレシピ15選をご紹介。ひと味違ったそばめしや焼きそばパン、余った麺の活用レシピもありま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る