アメリカで人気なスーパーフード!「コーヒーフラワー」活用レシピ

アメリカで人気な、カナダ生まれのスーパーフード「コーヒーフラワー」。これまで捨てられていたコーヒーの副産物「コーヒーチェリー」を有効活用した小麦粉の代用品で、食物繊維など栄養価の高い食材なんです。気になる効能と、活用レシピをご紹介します!

2017年11月9日 更新

アメリカで人気な「コーヒーフラワー」

アメリカで人気な「コーヒーフラワー(coffee flour)」をご存知ですか?コーヒーを生産する工程で、これまで捨てられていた副産物を有効活用したスーパーフードで、小麦粉の代用品として活躍するんですよ。その上、健康や美容にうれしい栄養素が豊富!気になる栄養素や、おいしく味わえるレシピをご紹介します。

注目のスーパーフード「コーヒーフラワー」とは?

スーパーフード「コーヒーフラワー」は、コーヒーを生産する過程で出てくる副産物「コーヒーチェリー」を原料としてつくられる食材です。コーヒーチェリーはこれまで廃棄されてい他部位ですが、コーヒーフラワーとして有効活用されるようになったんです。環境にもやさしい食材ですね。

コーヒーチェリーって何?

コーヒー豆はよく知られていますが、コーヒーチェリーは、あまり知られていませんよね?コーヒーはもともと「コーヒーチェリー」と呼ばれる赤い果実で、このコーヒーチェリーから取り出された種子を加工することで、私たちのよく知っているコーヒー豆の形になります。

これまで、種子を取り出したあとの「コーヒーチェリー」には使い道がないと考えられ、川などに廃棄されており、環境汚染にもつながる社会問題になっていました。しかし近年、コーヒーチェリーに豊富な栄養が含まれると判明したのです!コーヒーチェリーを粉末にしたコーヒーフラワーがカナダで作り出されて、アメリカでも人気を呼んでいるんですよ。

コーヒーフラワーが持つ栄養

コーヒーフラワーには、鉄分がほうれん草の約3倍、食物繊維は全粒粉の約5倍、カリウムはバナナの約2倍も入っています。とてもヘルシーなスーパーフードですね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう