連載

タイでは定番!日清「プーパッポンカレーヌードル」を食べてみた

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。 本日は日清のカップヌードルから新登場した商品「カップヌードル プーパッポンカレー ビッグ」をご紹介します。タイで絶大な人気を誇る「プーパッポンカレー」のおいしさに出会えます!

2016年7月19日 更新

お湯をいれて3分待ちます

早速「プーパッポンカレーヌードル」にお湯を入れて、3分待ちます。まだかなまだかな〜とわくわく。お湯を入れたことによって、よりカレーのような香りが強くなりました。この匂い、食欲をそそります!

待ちに待った3分後!

フタを開けると、まるでトムヤムクンのような色をしたラーメンが登場。麺はスープや具材に隠れていてまだ見えませんが、写真からもかやくの具材の量が多いのがわかります。
食べる前に忘れてはいけないのが、「仕上げオイル」。食べる直前にちゃんと入れましたよ!こちらのオイルは、見た目はオリーブオイルとは変わらない様子。「仕上げオイル」を入れたら全体を軽く混ぜました。

気になるお味は?

「プーパッポンカレーヌードル」をいただきます!

いったいどんな味に仕上がっているのか!
それでは、「プーパッポンカレーヌードル」をいただきます。
スープはさらさらではなく、とろ〜りとしているから麺によく絡みます。スープが絡んだ麺をチュルっとひと口。

平たくて太い麺が、とってもやわらかくてトゥルトゥルとしています。この麺、おいしいです。とろみのあるスープはとっても濃厚で重みがあります。

このスープと麺のあまりの相性の良さにびっくりしてしまいました。最初は甘さが強く感じられましたが、後からくるピリッとした辛さがやみつきに!
かやくで入っていたカニかまは、大きめのカットになっているから味がしっかりと感じられるのもうれしいポイント。「本当にかやくなの?」と思うほど、プリプリしていました。

また、黄色みが濃い卵のふわふわ加減も絶妙!どうしてこんなにふわとろに仕上がっているのかと、感動してしまいました。まるで天津飯を食べているかのよう。

ごちそうさまでした!

「プーパッポンカレーヌードル」、ごちそうさまでした!結構なボリュームでしたが、ヤミツキになるおいしさで、あっという間に完食してしまいました。

また、先ほど「ピリ辛」と書きましたが、辛いものが苦手な方でも食べられる辛さなのではと思います。最初は飽きてしまいそうだなと思いましたが、甘さと辛さのバランスが絶妙にとれていました。

「プーパッポンカレー」を食べたことがありませんでしたが、今度タイ料理屋さんへ足を運んだら絶対に食べてみようと思います。プーパッポンカレーとの出会いのきっかけをくれた日清さん、ありがとう!
(写真・文:金居)
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう