パリジェンヌに大人気!「デュカンダイエット」できれいにやせよう

フランス発「デュカンダイエット」をご存じですか?パリジェンヌや海外セレブも取り入れているという海外で人気のダイエット法です。今回は、デュカンダイエットの効果、やり方について詳しくまとめてみました。ぜひ試してみてください。

2018年7月3日 更新

デュカンダイエットとは?

フランスの臨床栄養学の専門医、ピエール・デュカン氏が肥満患者のために考案して、フランス国内で着実な人気をほこる「デュカンダイエット」。1980年代からじわじわと広まっていき、すでに500万人のフランス人が実践しているといいます。

さらに、デュカン・ダイエットに関する本が2010年3月にイギリスで発売されて以来、フランス国外でも人気となり、キャサリン妃を始め、ジェニファー・ロペス、ジゼル・ブンチェン、デミー・ムーアなど海外セレブも取り入れているというダイエット法です。

そもそもフランスでは、フィットネスクラブに通う習慣が一般化しておらず、無理な食事制限をおこなう人も少ないそうです。そんなフランスに定着したデュカンダイエットとは、どのようなものなのでしょうか。

今回は、デュカンダイエットについて詳しくまとめてみました。

デュカンダイエットの効果

デュカンダイエットの特徴は、食事内容が変わる4つの「段階」を設けていることです。「アタック・フェイズ」(体重を一気に落とす期間)、「クルーズ・フェイズ」(体重をゆるやかに落とす期間)、「コンソリデーション・フェイズ」(現状を維持する期間)、「スタビリゼーション・フェイズ」(体重を定着させる期間)。この段階を経ると、体重を落とすだけでなく、リバウンドを防ぐ効果もあります。

では、具体的に、デュカンダイエットのメリットとはなんでしょうか。

糖質を制限できる

後ほどお伝えするように、デュカンダイエットの「アタック・フェイズ」と「クルーズ・フェイズ」の期間中は、炭水化物を摂りません。その点では、「糖質制限ダイエット」によく似ています。

糖質のとりすぎは、インスリンというホルモンの過剰分泌につながります。インスリンは体内に糖質が入ってくると、脂肪の分解を抑えたり、脂肪の合成を促すように働きます。ようするに、体内に脂肪が溜まりやすくなるんです。

ただし、糖質制限ダイエットでは基本的に期間を設けず、基本的に「糖質を控えた食生活」をずっと続けていくことを勧めているのに対して、デュカンダイエットの場合、期間がはっきりと設けられています。糖質制限ダイエットは賛否両論あり、長期間続けるのはよくない、という考え方もあります。そこからすれば、デュカンダイエットは期間を設定しているので、安全性が高いといえます。

カロリー計算がいらない

デュカンダイエットでは、3段階目までの間、食べていいもの、食べてはいけないものが決まっています。それさえ守ればカロリー計算をする必要がないので、面倒なカロリーチェックなしで簡単に体重を落とすことができます。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう