ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

毎日食べているという人も多い身近なフルーツの代表「バナナ」。手軽に食べられて腹持ちが良いので、忙しい日の朝ごはんとしても重宝しますよね。今回はそんなバナナの嬉しい栄養と効能についておさらい!簡単レシピもご紹介します。

暮らしに欠かせないくだもの「バナナ」

暮らしに欠かせないくだもの「バナナ」

Photo by Ayako Kunishio

バナナはマレー半島付近の東南アジアが原産の亜熱帯果物。栄養バランスの高さ、種もなく手軽に食べられることから今では世界中で愛されているフルーツのひとつです。

その歴史は古く、なんと紀元前にまで遡るんだとか。東南アジアからインドやアフリカ大陸、ヨーロッパーやアメリカへと徐々に広がっていったバナナが日本に上陸したのは明治時代のこと。台湾から運ばれてきました。

昭和に入るとバナナは一般家庭にも広く普及し、今では私たち日本人にとっても欠かせない果物のひとつとなっています。日本で売られているバナナの大半はフィリピンやエクアドルなどからの輸入物でパッと目を引く黄色い生食用バナナ。
フィリピンなどの外国では緑色で大ぶりの食事用バナナが主流で、煮たり焼いたりとさまざまな料理に使われています。

おいしいバナナの選び方と保存方法

元気なバナナの見分け方

房の付け根がしっかりとしていて、カーブが強いものほど生き生き、伸び伸びと元気に育った証拠。甘さには特にこだわらないという場合は、まず房の付け根とカーブをチェックして選びましょう。

お好みの甘さによって選ぶ

お好みの甘さによって選ぶ

Photo by Ayako Kunishio

どんな甘さを好むかによっても選び方が変わってきます。

濃厚な甘さを好む場合は「シュガースポット」と呼ばれる黒い模様が出ているものを選びましょう。シュガースポットはでんぷんの糖化によって現れるもの。傷んでいるわけではないんです。シュガースポットが多いバナナほど熟している証拠で食感もややもったり。甘みが強くデザート感覚でいただけます。

逆にさっぱりとした甘みが好きな場合は、皮にシュガースポットがあまり出ていないキレイな黄色い皮のバナナを選びましょう。ほどよい甘みとほくっとした食感を楽しむことができますよ。

バナナを傷めずに保存するには?

バナナをカゴに置いておくと、一番下になった部分がどうしても黒ずんで傷んできてしまいます。できればバナナスタンドに吊るして常温で追熟させながら保管するのがべスト。

バナナは亜熱帯地方のフルーツで寒さには弱いため、冷蔵庫での保管は向いていません。13~25度がバナナの保管に適した気温と言われています。

追熟してシュガースポットが出てきたけれど、すぐには食べきれない……という場合は、皮を剥いて1本ずつラップに包み冷凍保存するか、皮付きのまま1本ずつビニール袋に入れて野菜室で保管し早めに食べきるようにしましょう。

美容と健康に嬉しいバナナの栄養素

低脂肪・低カロリーでダイエットに

食べ応えがあり満足感を得やすいバナナ。じつはごはんや食パンに比べると、かなり低カロリーかつ低脂肪の食材です(カロリーは一般的な食パンの約1/3)。しかもエネルギー源となる炭水化物やたんぱく質をはじめ、さまざまな栄養素がバランスよく含まれています。

また、糖質の代謝をサポートするビタミンB1やビタミンB2も含まれているため、ダイエット中のおやつや朝ごはん代わりにピッタリ。疲労回復効果も期待できます。

食物繊維で腸内環境をキレイに

バナナには腸に嬉しい食物繊維がとっても豊富!食物繊維には余分な脂質と便の排出をサポートする「水溶性食物繊維」と、水分をより多く吸収し大腸に刺激を与えて便秘解消を助ける「不溶性食物繊維」の2種類があります。バナナにはこの両方が含まれています。

便秘は肌荒れや免疫力低下を招くため、腸内環境を整えることは美容と健康に不可欠。毎日のバナナでキレイな腸を作りましょう。

むくみ撃退に効くカリウムが豊富

バナナは可食部100gあたり約360mgと、野菜・果物類のなかでもトップクラスの量のカリウムを含みます。カリウムは、細胞内のナトリウム(塩分)の排出を促して、むくみを和らげる大切な栄養素。水に溶け出しやすい性質ですが、生のまま食べられるバナナならカリウム損失の心配は無用ですね。

むくみが気になる、塩分高めの外食が続いているという人は、ぜひバナナでカリウム補給をしてくださいね。

完熟バナナで免疫力UP!

黒いシュガースポットが出ているバナナほど熟して甘いとご紹介しましたが、熟しているものほど免疫力を高める作用が期待できます。完熟したバナナは免疫作用のある白血球の数を増やし、リン脂質と呼ばれる胃の粘膜を保護する物質も多く含まれるとの研究結果があるんです。

体力が落ちていると感じた時には、バランスの良い食事や十分な休息に加えて、シュガースポットの多い熟したバナナを食べるといいでしょう。

じつはポリフェノールもたっぷり

ポリフェノールと聞くと、赤ワインやブルーベリーなど赤や紫色の食品に含まれているイメージが強いですが、じつはバナナにも含まれています。その量はなんと、果物のなかではトップクラス!

ポリフェノールは細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高く、美肌作りやアンチエイジングの強い味方。特にシュガースポットがある完熟に近いバナナほど、多くのポリフェノールを含みます。美容・健康面でのサポートを考えると、やはりシュガースポットがある熟したバナナを食べるのがおすすめと言えます。
そのまま食べてもおいしいバナナですが、おもてなしにも応用できる簡単レシピを続いてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

スイーツ レシピ まとめ お菓子

春巻きの皮はスイーツに使える、とは聞いても、具体的にどんな使い方をすればいいの?と思っている方もいらっしゃると思います。そんな方に見てほしい、春巻きの皮を使ったスイーツのレシピを紹介します♪

レシピ 菜の花 まとめ

春を感じさせる野菜「菜の花」を使ったレシピの紹介です。菜の花は万能食材で、和・洋・中・そしてスイーツにも使えます!菜の花料理のバリエーションが少ないと思われた方は、ぜひ参考にしてみてください。

ケーキ スコップケーキ レシピ スイーツ まとめ ティラミス バナナ

見た目からしておしゃれで女子力高めなスコップケーキ。作るのは難しそうに見えますが……、実は簡単なんです!今回はデザート初心者でもかわいく作れるレシピを12選ご紹介します。パーティーやおもてなしに華を添えてくれ…

まとめ

就寝前にお腹が減って眠れない!という時は度々あると思います。ですが、カロリーのことなどが気になって食べることをためらわれてしまうことってないですか?この記事ではそんな時に「心苦しくならない」身体に優しいお夜食…

サラダ レシピ まとめ

女性から絶大な支持を得る食材「パクチー」。今回はパクチーを使った(人気)サラダ(レシピ)を10件ご紹介します。これだけあればパクチーサラダの種類に困りませんよね!アンチエイジングやデトックス効果もあるとされて…

レシピ まとめ

「ラクうまごはん」「のっけごはん100」の作者、瀬尾幸子さんのラクで美味しいレシピを探してみました♪あまり手間ひまかけないのに美味しく作れるコツや、作り置きしておくと便利な一品もご紹介。

レシピ まとめ パンケーキ

今、あのパンケーキで有名なbillsのレシピをおうちで再現することがプチブームになっています。しかも、ただ再現するだけでなく自分好みのアレンジを加え、ちょっとだけオリジナリティを出しています。紹介する中からお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/

ページTOPに戻る