三軒茶屋「シバカリーワラ」で、本格インドカレーに舌づつみ。

三軒茶屋にある本格的なインドカレー屋さん「シバカリー ワラ(shiva curry wara)」。スパイシーで香り豊かなカレーは多彩なメニューを味わえるプレートランチをはじめ、ディナーでも行列のできる人気店です。

三軒茶屋で本格カレーを食べたいなら

オシャレなカフェが多い町で知られる三軒茶屋に、絶品の本場インドカレーを堪能できる隠れた名店があります。その名も「シバカリーワラ(shiva curry wara)」。2013年1月にオープンしたお店ですが、以前は都内各所を巡ってカレー屋台で移動販売していたという実績ある人気インドカレー店なのです。暑い夏こそ、スパイシーなカレーで疲れをふっ飛ばしてしまいましょう!

行列必至の「シバカリーワラ」

思わず入りたくなる隠れ家のようなお店

三軒茶屋駅から徒歩4分ほどの路地裏に位置するインドカレーのお店「シバカリーワラ」。レンガの建物に味のある木の看板が目印です。レモンイエローの立てかけに牛のオブジェが飾ってあり、なんともかわいらしい雰囲気。隠れ家的なそのお店は、階段を2階に上がったところにあります。

雰囲気あるエスニックな店内

お店の扉を開けると、スパイスがふわっと香ります。黄色と白のコントラストが目を惹く内壁には、エスニック調の個性的なインテリアが所せましと飾られ、さらにウッドテイストのテーブルや椅子の配置も絶妙です。ランチタイムにはあたたかい日差しが降り注ぎ、アットホームでくつろぎ空間に。

カウンター4席、テーブル6席の計10席のこぢんまりとした店内が、隠れ家感をより一層引き立てます。

人気メニューはナマステランチ

選べるナマステランチ

こちらのお店では、ランチタイムに長い行列ができるのは当たり前。人気のナマステランチは本日のカレー4種類から選択できます。カレーが2種だと1,100円。3種だと1,400円。また、ライス&パパド、ナン&ミニライス、チーズクルチャ&ミニライスから選べます。チーズクルチャ&ミニライスのみ100円プラスです。

それでは、日替わり4種のカレーから人気の組み合わせをご紹介します。

サーグチキン&季節の野菜

色あざやかなほうれん草とチキンを使った「サーグチキン」は、ほどよい辛さでさっぱりとしたカレーです。ほうれん草ペーストが濃厚さをかもし出しています。さらに、お野菜好きな方は旬野菜がゴロゴロと入った「季節の野菜カレー」を合わせましょう。ハーブとスパイスをミックスし、酸味をきかせた清涼感のあるカレーに仕上がっているそうです。

ブラックペッパーチキン&夏野菜のクリーミーマンゴーソース

カルモダンなどのホールスパイスとブラックペッパーがしっかりきいた「ブラックペッパーチキン」。舌触りのよいチキンカレーです。骨付きチキンはやわらく煮込まれており、ほろりと崩れますよ。もうひとつは、なす・オクラ・ゴーヤ・かぼちゃが入ったマイルドな「夏野菜のクリーミーマンゴーソース」。マンゴーの甘みと香りが楽しめます。

あさりと小海老のマラバーリ&ポークチリキーマ

旬のあさりと小海老を使った南インドケララ地方のカレー「あさりと小海老のマラバーリ」。さらりとしたココナッツソースと海の幸はライスによく合います。「ポークチリキーマ」はレッドチリとスターアニスの風味と辛みをきかせたスパイシーなポークキーマカレーです。

カシミーリベジタブル&バターチキン

こってりしているようで、じつはさっぱりした甘さの「カシミーリベジタブル」。シャキッとしたカリフラワーの歯ごたえも楽しい野菜のカレーです。一度タンドリー釜で焼いてあるチキンが香ばしい「バターチキン」は、定番の人気カレー。くどくないクリーミーさと、トマトのさわやかさが相性抜群のカレーです。

付け合わせの「キャベツのアチャール」は、ピリリと辛いインドのお漬物。じゃがいもの「アメールティ」はスパイス控えめで素朴な味わいです。どちらもカレーにぴったりな名脇役なんですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS