連載

セブンイレブンの「プチめんたいもっち」を食べてみた!

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。 本日はコンビニチェーンのセブンイレブンか新登場したばかりの商品「プチめんたいもっち」をご紹介します。もちもちと弾力のあるパン生地と、チーズと辛子明太子の塩っけがたまりません!

「プチめんたいもっち」を実食!

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。
本日は人気コンビニチェーンのセブンイレブンから2016年6月22日(水)に新登場したばかりの商品「プチめんたいもっち」をご紹介します。
この商品は、辛子明太子風味のもちもちとした食感の生地に、明太子入りのソースとシュレッドチーズを乗せて焼いているお惣菜パンだそう。
「もっち」という商品名、どこかで見た覚えがあるなと思っていたら、セブンイレブンのパンコーナーには「プチチーズもっち」が。なるほど、この商品の辛子明太子バージョンなんですね!
新発売の商品である「プチめんたいもっち」と、「プチチーズもっち」を並べてみました。そうすると、袋のパッケージはまったく一緒。

しかし、トレーの色が「プチチーズもっち」は橙色をしていて、「プチめんたいもっち」はピンク色をしていました。味のイメージに合っているのがいいですね!

袋の中はこんな感じ

「プチめんたいもっち」を袋から出してみると、形がそれぞれ少しずつ違った、たこ焼きほどの大きさのパンが5つ入っていました。

このサイズ感は小腹が空いたときにいいですね。パッケージには「朝食にも最適」と記載されていましたが、その通りなのではと思います。
チーズがこんがりと焼き上がった表面には、赤いつぶつぶとしたものが見えます。これは辛子明太子の粒でしょうか。見た目からもおいしそうなのが伝わってきます。

「プチチーズもっち」はこんな感じ

「プチチーズもっち」とくらべてみても、色がぜんぜん違うのがわかります。「プチチーズもっち」のほうは、チーズらしい見た目をしていますね。もちもちとしているのが、写真からも伝わってきます。

気になるお味は?

「プチめんたいもっち」いただきます!

いったいどんな味に仕上がっているのか!
それでは早速、「プチめんたいもっち」をいただきます。

「プチめんたいもっち」を指でひとつつまんだ瞬間、なんだか触り心地がなにかに似ていることに気がつきました。そうです、これはまさしく「低反発まくら」です!

家で使用している、やわらかめの低反発まくらのように弾力があり、指で押しても元の形に戻ってきました。この触感、やみつきになります。

噛めば噛むほど味が出る!

5回くらいぷにぷにと楽しんだところで、口の中にパクっとひとつ。そうすると、もちもちとしたやわらかくはないけれど、固くもないパンの食感が。噛みごたえがあるので、お腹がいっぱいになりそうです。

食感を楽しんでいると、ふわ〜っとチーズの風味と辛子明太子の味わいがしました。これはまるで、明太子ソースを食べているような気分。味は濃いめで、チーズの塩っけが強く感じられました。

「プチめんたいもっち」でこれだけチーズ感があるのなら、「プチチーズもっち」は?と思い食べてみると、こちらは甘いチーズの味わいが強い印象でした。パン屋さんで売っている「ポンデケージョ」に似ているのではないでしょうか。

ごちそうさまでした!

「プチめんたいもっち」、ごちそうさまでした!
もちもちと弾力があって食べごたえがあるから、お腹いっぱいになってしまいそうと思いながらも、あまりのおいしさにあっという間に完食。

お値段は税込み130円と、コンビニのパンコーナーでは平均的なお値段。朝食に最適と書いてあった「プチめんたいもっち」ですが、この塩っけならお酒のおつまみにも良さそう。おつまみがこのお値段で手に入るのはいいですよね!

もちもちとした食感はやみつきになること間違いなし。食べる前に一度指でつまんで「プチめんたいもっち」のもちもち具合を確かめてみてくださいね。
(写真・文:金居)

特集

SPECIAL CONTENTS