スキレットハンバーグを作るときの注意点

スキレットは熱伝導率がよいので、ハンバーグも焼きやすいのですが、それは同時に焦げやすいということでもあります。ですので、焦げつかないようによく火加減をチェックしましょう。持ち手もかなり熱くなりますから、タオルや鍋つかみ、専用のスキレットカバーなどを使ってやけどしないように気をつけてくださいね。

スキレットを買ったらまずはハンバーグ

スキレットを使えば、一般的なフライパンで調理するより、ふわふわでジューシーにできます。スキレットの蓄熱性で、ゆっくりとムラなく全体に熱が行き渡るので、生焼けの心配もなく、肉汁をとじ込めて短時間で焼くことができます。 スキレットを手に入れたら、まずはハンバーグを焼いてみるべきといわれるほど、ハンバーグはスキレット調理に適しているんですよ。 あなたもぜひ一度スキレットでハンバーグを作ってみませんか?

特集

FEATURE CONTENTS