話題の「スキレットハンバーグ」。アレンジレシピと作り方をチェック!

ジューシーでおいしい「スキレットハンバーグ」を作ったことはありますか?今回は、肉料理に最適で、盛り付け皿としてもおしゃれなフライパン「スキレット」を使ったアレンジレシピや作り方をご紹介します。この完成度にあなたもハマること間違いなし!

2019年3月7日 更新

スキレットハンバーグを作るときの注意点

スキレットは熱伝導率がよいので、ハンバーグも焼きやすいのですが、それは同時に焦げやすいということでもあります。ですので、焦げつかないようによく火加減をチェックしましょう。持ち手もかなり熱くなりますから、タオルや鍋つかみ、専用のスキレットカバーなどを使ってやけどしないように気をつけてくださいね。

スキレットを買ったらまずはハンバーグ

スキレットを使えば、一般的なフライパンで調理するより、ふわふわでジューシーにできます。スキレットの蓄熱性で、ゆっくりとムラなく全体に熱が行き渡るので、生焼けの心配もなく、肉汁をとじ込めて短時間で焼くことができます。

スキレットを手に入れたら、まずはハンバーグを焼いてみるべきといわれるほど、ハンバーグはスキレット調理に適しているんですよ。
あなたもぜひ一度スキレットでハンバーグを作ってみませんか?
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう