上質なお肉とお酒が楽しめる「リ・カーリカ」で特別なひとときを♪

カジュアルなイタリアンのお店「リ・カーリカ」。お肉やワインのメニューが豊富で、2012年のオープン以来、地元の方などに愛され続けているお店です。旬の食材を使用した料理や、こだわりのワインを楽しめますよ。

2016年6月23日 更新

大人のための隠れ家「リ・カーリカ 」

学芸大学駅から徒歩2分ほどの場所にある「リ・カーリカ 」。フレンチや和食店での経験を積んだ、「堤 亮輔」シェフが腕をふるいます。

お店が地下にある、隠れ家風のレストラン。看板とその隣にずらりと並んだワインのボトルが目印ですよ。「リ・カーリカ」とは、イタリア語で、「再充電」という意味。絶品イタリアンと厳選ワインで、疲れた体を再充電しましょう♪

アットホームでおしゃれな店内

地下へ降りてお店に入ると、カウンター越しのキッチンが見えます。アットホームな空間で、料理やワインを楽しむことができますよ!店内は分煙になっていて、外の立ち飲みスペースで喫煙可能。

「リ・カーリカ」人気メニューはこちら

リ・カーリカの和牛

リ・カーリカのレアなお肉とポテトの付け合わせ

出典:gaff.gurunavi.jp

200g:2,800円(税抜)

成熟牛の赤身を仕入れ、シンプルに調理した、「リ・カーリカ」の一番人気メニュー。外は、カリカリ、中はとてもジューシーで、噛めば噛むほど赤身肉の旨みが感じられる、贅沢なひと品です♪

「リ・カーリカ」は、お肉料理が人気で、ほかにもイベリコ豚のスペアリブや、猪のハンバーグもおすすめです。

こちらのメニューもおすすめです!

原田さんの手作りモッツァレラ“ペルラ ディ ラッテ”と金柑

半割りの金柑とモッツアレラチーズの皿盛り

出典:gaff.gurunavi.jp

1,600円(税抜)

「ペルラ ディ ラッテ」とは、「ミルクの真珠」という意味。熊本県の原田さんというモッツァレア職人が作る、モチモチのモッツアレラチーズをいただくことができますよ。甘みと酸味のある金柑を合わせ、自家製のソースでいただくひと品です。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう