ローディング中

Loading...

私たちにとって身近なフルーツ、バナナ。一年中買うことができて、お値段も安定しています。そんなバナナの栄養や糖質について知ることで、健康やダイエットにより役立てることができるんです。甘いようで甘くない?バナナと糖質の関係についてご案内します!

バナナは糖質が多い?

食べ物に含まれる糖質。もちろんフルーツにも「果糖」と言われる糖質が含まれています。この果糖、普通の砂糖とエネルギー量を比べてみると、100gあたりで砂糖は384kcalなのに対して、果糖も368kcalとほとんど変わらないんです。さらに糖質の量だけ比べると、バナナ1本は串だんご1本やホットケーキ1枚と同じくらいの量が含まれているんです。これはフルーツの中でもドリアンに次いで2位の含有量。

このカロリーだけ見てしまうと、ヘルシーだと思って積極的に食べていたバナナを食べるのを敬遠したくなってしまいそうですが、それはちょっと勘違いかも。糖質について知り、簡単なポイントを押さえれば大丈夫なんです。

バナナの糖質

さて本題です。まず糖質とはいったいなんでしょうか?

糖質は「炭水化物-食物繊維」という計算式で求めることができます。例えばバナナ100gで計算してみると、「炭水化物22.5g-食物繊維1.1g=糖質22.4g」ということになります。

糖質のなかにも種類があり、バナナに含まれる糖質は、果糖、ショ糖、でんぷんなどがあります。次にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

果糖

まずは果物の糖質のメインである果糖。バナナ1本90gには約2.5gの果糖が含まれています。

一般的に糖分を摂取するとインスリンが分泌されます。しかし果糖はインスリンをほとんど必要としないため、血糖値があがらないのです。血糖値の急上昇は肥満などにつながる可能性があるため、この果糖はダイエット中の人に向いているのではないかと考えられています。

また、果糖はすぐに肝臓に届くので運動能力をアップさせる働きがあります。ランニング中にバナナを食べたりするのはこのためですね。
また、ゆっくりとエネルギーに変わるため、朝食などに向いています。

しかし、当然摂りすぎにはデメリットがあります。
一番は老化のスピードをはやめてしまう、ということです。果糖とタンパク質が結びつくとAGE(終末糖化産物)という物質を作り出します。このAGEは、肌を老化させたりDNAにダメージを与えたりするといわれています。また、果糖は身体の中に入ると体内を循環することなく肝臓に到達して、ダメージを与えることによって肝臓を傷めてしまうこともあるそう。
あくまでどちらも摂りすぎた場合の話ですが、気をつけましょうね。

ショ糖

砂糖の主成分、ショ糖はバナナ90gにつき約14g含まれています。ショ糖は、ブドウ糖と果糖が結合したものなんです。

ショ糖の主な働きはエネルギー源になること。なくてはならないものですよね。ただし摂りすぎてしまうと中性脂肪を蓄積したり、血糖値を上げてしまうということもあるようなので、注意したいですね。

バナナの糖質、どのくらい?

では実際どのくらいの糖質を含んでいるのか気になりますよね。
バナナ1本分と同じくらいの糖分が含まれているものを比べてみましょう。

バナナ1本約90g…21.4g
白ご飯1/2膳75g…27.5g
食パン(6枚切り)60g…約26.8g 
切り餅50g…約24.8g
バニラアイスクリーム1個100g…22.2g

こうして並べてみると、バナナ1本でご飯半分の糖質が含まれているんですね。

バナナの栄養徹底解剖!

カロリー

まずは気になるバナナのカロリーから見ていきましょう!バナナの可食部(実の部分)1本、約90gあたり77kcalです。これを他の身近な食べ物と比べると、お茶碗1膳分の白米150gで252kcalですから、バナナを3本食べるとやっと白米1膳分のカロリーになるわけですね。

ちなみに他のフルーツと比べてみると、りんごは1/2個約150gでバナナ1本と同等の約70kcal、みかんだと小2個約230gで約70kcalになります。

ご飯に比べるとカロリーは低いのに、バナナを1本食べただけでわりと満腹感を感じることができるのは、なぜでしょう?のちほどご説明しますね。

食物繊維

ビタミンB群

まず、食物繊維について簡単に知っておきましょう。食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

「水溶性食物繊維」はその名の通り水に溶ける性質を持ち、ゲル状になって大腸の中の便を軟らかく排出しやすい固さにしてくれます。また、余分な脂質を吸着して便と一緒に排出させ、コレステロール値や血糖値を安定させるというとてもうれしい働きがあります。

一方の「不溶性食物繊維」は水に触れると水分をたくさん吸収し、便のかさを増すことで腸内を刺激し、便意を促す働きがあるんです。

そんなうれしい働きをもつ食物繊維の両方が含まれているのが、バナナなんです。整腸効果があるので便秘がちな方にもおすすめな果物と言えますね。
バナナには、糖質の代謝を助けてむくみを予防したり疲労回復に一役買ってくれるビタミンB1、脂質の代謝を助けて粘膜や肌の健康を保つビタミンB2、そして血圧を下げて筋肉や心筋の健康バランスを保つビタミンB6が含まれています。

カリウム

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バナナ ケーキ レシピ お菓子 まとめ

余ったバナナの救済に!おいしいバナナケーキのレシピをご紹介します。プレゼントにも使える本格レシピ、相性抜群チョココラボ、ヨーグルトを使ったヘルシーレシピも。ホットケーキミックス、レンジ、炊飯器などを使った簡単…

スープ レシピ まとめ

いっぺんに野菜をとれて、おいしく満腹効果もある人気の野菜スープ。基本はコンソメを使って作る方法ですが、ほかにはどんなアレンジがあるのでしょうか。今回は味付け別におすすめのレシピをたっぷりと紹介いたします。

スープ まとめ

「あとひと品!汁物がほしい……」そんなときにおすすめなのが「中華スープ」です。卵でふんわり仕上げたり、ワカメを入れたりと、素材が少なくても簡単に作れる人気のレシピです。今回は、マンネリ解消にもつながるおすすめ…

バナナ フルーツ

バナナの飾り切りの中でも特に人気な「バナナイルカ」の作り方をご紹介します!難しいテクニックは一切不要。ナイフと油性ペンがあれば、にっこりほほえむイルカちゃんが簡単に作れちゃいますよ!キュートなアレンジアイデア…

ヘンプフーズジャパンから、毎日2さじで健康&美容効果が抜群、その効能が欧米でも大注目の“ヘンプシード”を使ったレシピ本「美肌!美腸!やせる! ヘンプシードダイエット」が発売されます。おかずからスイーツまで、工…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

pippipippi2

美味しいものにアンテナたててます。姪っ子が作った料理をもりもり食べ...

ページTOPに戻る