『ヒルナンデス』で紹介!軽井沢「エロイーズカフェ」で涼しい夏を。

今回は、人気テレビ番組「ヒルナンデス」でも紹介された、軽井沢の雰囲気を満喫できるカフェ「エロイーズカフェ」の紹介です。軽井沢は避暑地としても有名で、これからの時期、訪れる予定の方も多いのではないでしょうか?ぜひ、チェックしておきましょう!

夏は軽井沢の「エロイーズカフェ」で

お昼の人気テレビ番組「ヒルナンデス」でも紹介された、「エロイーズカフェ(ELOISE's cafe)」というカフェをご存じですか?こちらのカフェは、長野県軽井沢にあるのですが、最近じわじわと注目を集めているお店なんです。

キーワードは「リノベカフェ」。いったい、なにがそんなに人気を集めているのでしょうか?

リノべカフェとは?

古民家カフェに続き、最近よく耳にする「リノベカフェ」。古民家カフェとどう違うの?と思う方もいるのではないでしょうか。

「リノベカフェ」とは、昔からある古い建物を、古いものの良さは残し、修理が必要な箇所はきちんと修理、また、カフェらしくあるために、少し改装したカフェのことです。古民家カフェも、リノベカフェのうちのひとつなのですが、リノベカフェは、古民家に限らず、倉庫や会社、最近では銭湯をリノベーションしてカフェにしているところもあります。

最近、このリノベカフェが軽井沢に急増していて、女性に人気があるんですよ。

軽井沢のリノべカフェ「エロイーズカフェ」

緑に囲まれたカフェ

軽井沢のプリンス通りにほど近い別荘地に、ひっそりと建っている「エロイーズカフェ」。こちらは、建築家である吉村順三氏が手がけた「ハーモニーハウス」と呼ばれる建物の1階部分で営業しています。

きちんとしすぎてはいないけれども、しっかり手入れのされている緑が茂っており、この時期訪れると、涼しくてとても気持ちがいいですよ。

ウッド調の落ち着きある店内

店内は、自然のなかにあるお店の良さを活かした、風通しのいい空間が広がってます。お店の中だけれど、外の自然をしっかりと感じられますよ。

テーブル席がメインで、景色に馴染むウェグナーのヴィンテージ家具で統一されています。

テラス席がおすすめ

もし、お店に行ったときに天気がよければ、ぜひテラス席を利用してみてください。店内も自然を感じられますが、テラス席はまさに自然そのもの。静かで優雅な時間を過ごせます。

日よけのパラソルもあるので、日焼け対策もしっかりできています。

カフェとシェアハウスの融合

「エロイーズカフェ」の最大の特徴は、カフェとシェアハウスが融合しているというところにあります。もともとは、エロイーズ・カニングハムという女性の音楽家が、音楽を楽しむためのホールとして、吉村順三氏に建設を依頼したこの建物。

建築から30年ほど経った今、ここはカフェと、シェアハウスとして蘇りました。2013年に、一度は取り壊しの危機にあった建物が、立派に住居としても役割を果たしています。

一番人気は「宣教師が愛したフレンチトースト」

出典:www.instagram.com

プレーン 980円(税別)

しっとりやわらか至極の味わい

お店の一番人気は、こちらの「宣教師が愛したフレンチトースト」。使われているパンは、フォークやナイフで切ってしまうのがもったいないほどしっとりとしており、とてもやわらかいんです。

はちみつを絡めて食べれば、深い味わいとなり、それはまさに至極。思わず、ひと口ひと口を丁寧に食べ進めてしまうほど、上品な風味です。

焼きたてにこだわり、提供

特集

SPECIAL CONTENTS