ローディング中

Loading...

「コーヒーを淹れる」というと、むずかしいイメージがありませんか?じつは、まったくそんなことはないんですよ!最低限のポイントさえ押さえておけば、誰でも劇的においしいコーヒーを淹れられるんです。今回は、淹れ方のポイント4つをお教えします。

コーヒーを淹れるのはむずかしくない!

コーヒーを、ご家庭でもお店のようにおいしく淹れるのって、とてもむずかしいと思ってらっしゃる方って、多いのではないでしょうか?

そんなことはありません!

おいしく淹れるためにはさまざまな要素があるのですが、そのなかでもコーヒーをおいしく淹れるための必要最低限のポイントについて、今回はご紹介したいと思います。これを知ってるだけでも全然違いますので、ご覧いただければ幸いです。

ぜひ、これから試してみてください!

おいしいコーヒーを淹れる4つのポイント

1、豆と水の分量

コーヒーを淹れるときに必要な材料は、「コーヒー豆」「水」の2種類のみ。ほかの料理と比べると、とてもシンプルです。

しかし、シンプルがゆえに、この2つの分量(割合)をしっかりと守ることが、とても大切となってきます。

分量に関しては、例えば200ccのコーヒーを淹れるとひと口に言っても、そのコーヒーを焙煎しているお店によって必要なコーヒー豆の量は違うんです。なので、お店の方に「どれくらいのコーヒー豆を使えば良いですか?」と確認をするのが、一番賢い方法と言えますね。

2、挽き具合

挽き具合とは、コーヒー豆の粗さのことです。
コーヒーを淹れるための器具は、エスプレッソ、ドリッパー、サイフォン、コーヒープレスなど、本当にさまざまあり、器具によって挽き具合は違います。器具にあった挽き具合にしないと、おいしくコーヒーを淹れることはできません。

例を挙げますと……
・エスプレッソは、極細挽き
・ハンドドリップは、中挽き
・コーヒープレスは、粗挽き

になります。

この挽き具合をしっかりと把握しているのとしていないのとでは、コーヒーの仕上がりに、かなり大きな差が生まれるんですよ。

3、水の種類と温度

使用する水についてのポイントは、2つあります。

1つ目は、軟水を使うこと。
日本の蛇口から出てくる水は、基本軟水なので、そのあたりはあまり気にしなくて大丈夫です。コントレックスなどの硬水を使うと、水に含まれているミネラル分とコーヒーの苦味成分が結合しやすく、少し苦味が際立ったコーヒーに仕上がってしまう可能性があります。

そして2つ目は、お湯の温度です。
一般的には、92度くらいの熱湯を使った方がいいと、さまざまな本やインターネットの情報に書いてあります。

お湯の温度については、高ければ高いほど、コーヒーの成分が溶け出しやすくなり、低ければ低いほど、コーヒーの成分が溶け出しづらくなります。なので、あまりにも高すぎると、コーヒーの余計な成分まで抽出されてしまって美味しくコーヒーが仕上がらなくなりますし、また低すぎると、コーヒーの旨味成分がちゃんと抽出されず、もの足りない味に仕上がってしまうかもしれません。

コーヒーによって、適した温度はさまざまなので一概には言えないのですが、まずは90度くらいのお湯で試してみることをおすすめします。

4、豆の鮮度

コーヒーは生鮮食品なので、鮮度は非常に重要です。コーヒーは焙煎すると、そのときから少しずつ酸化が進んでいきます。さらに挽いてしまうと、もっと酸化が進んでいき、鮮度がどんどん損なわれていきます。

そのため、ポイントとしては
・焙煎してからあまり日が経過していないものを選ぶ。
・コーヒーを淹れる直前にコーヒー豆を挽く。

この2つがとても大切になっていきます。

最近のコーヒースタンドで売られているコーヒーには、だいたい焙煎した日が書いてあるので、そちらを目安にするといいでしょう。
※焙煎したばかりのコーヒーの方が鮮度は良いですが、焙煎仕立てのものは二酸化炭素をコーヒー豆がたくさん含んでいるので、何日か置いたものの方がおいしく淹れられる傾向ありです。

そして、コーヒーは「酸素」「湿気」「光」「熱」の要素に弱いと言われています。なので、コーヒー豆は密閉容器にしっかり入れて、冷暗所で保管するのがベストです。(暑すぎなければ常温も可)

1ヶ月以上など長期保管したいときは、冷凍庫で保管するのがより良いでしょう。また、冷蔵庫などで保管したコーヒー豆でコーヒーを淹れる場合は、まずはコーヒー豆を常温の場所に置いて、常温まで戻るのを待ってください。コーヒーをおいしく淹れられなくなってしまう原因になりかねません。

これでいつでもおいしいコーヒーを!

以上、コーヒーをおいしく淹れるための4つのポイントについて説明させていただきましたが、いかがでしたか?

コーヒーをおいしく淹れるためには「淹れ方」の技術なども含まれてくるので、これは本当に最低限のポイントになります。しかし、この4つをしっかり守ることができれば、ご家庭で淹れるコーヒーが今までよりも格段においしくなることは間違いありません!

今回の記事が、少しでもおいしくコーヒーを淹れられるようになるキッカケになれば幸いです。

下記リンクのブログで、コーヒー情報を配信しています!▼
普段、カフェに勤務していて実際にお客様と接する機会も多いのですが、定期的にブログなどでもコーヒー関連の情報を発信させていただいています。合わせて、こちらもご覧いただければ幸いです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

コーヒー ニュージーランド 渋谷

ニュージーランドを拠点とするコーヒーロースターカンパニー「コーヒー・スープリーム」の日本第1号店がついにオープン!注目を集める『フラットホワイト』の味わいと奥渋エリアにばっちりハマる絶妙な佇まい。注目店の様子…

パスタ かぼちゃ

今が旬のかぼちゃ!今回は手軽にできる「かぼちゃチーズの焼きペンネ」のレシピをご紹介します。パスタは茹でたてのアルデンテが命ですが、食べきれないこともありますよね。できあがったパスタを"ちょい焼き"するだけで完…

ハロウィン チョコレート お菓子

いよいよ今月末に迫ってきたハロウィン!パーティーの準備はできましたか?あんまり手の込んだものはちょっと……という方にお勧めしたいのが、「蜘蛛の巣ペイント」♩用意するのはチョコペンだけ。見た目よりも、簡単なので…

レシピ オムライス ハンバーグ グラタン

煮込むだけでできる、簡単なデミグラスソースの作り方をご紹介します。玉ねぎをしっかり炒めて作る本格デミグラスソースと、すぐにできる即席デミグラスソース。どちらも覚えておくと、いざというときにとても助かりますよ◎…

レシピ まとめ

鮭は塩焼きだけではありません!今回は、鮭の人気レシピを30件厳選しました。ホイル焼きやムニエルなどのメインから、サラダやスープなどの副菜にも使うことができますよ。おつまみやお弁当にもぴったりなレシピや、レンジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ブロッコリー サラダ まとめ

緑黄色野菜でヘルシーなブロッコリー。今回はブロッコリーを使ったサラダやお弁当おかず、スープのレシピについてそれぞれご紹介します!定番の料理でも、ブロッコリーを入れるだけで見栄えが鮮やかになりますよ。この機会に…

アボカド レシピ まとめ

ビタミンEたっぷりの栄養価の高いアボカドと、ビタミンCたっぷりの苺を使ったアレンジレシピをご紹介します。甘酸っぱい苺と濃厚なアボカドは、一見合わないように思われがちですが、実は相性抜群なんですよ♪

レシピ まとめ 大根

大根を冷凍すると火が通りやすくなって、味が染み込みやすいってご存知でしたか?切って冷凍するだけなんてと〜っても簡単ですよね!今回はそんな冷凍大根を使ったレシピをご紹介します♫時短にもなるので、是非試してみてく…

まとめ レシピ

ナムルを巻いて、ガッツリでもヘルシーの一品を作りましょう。今回は、「ナムル巻き」のアレンジレシピを紹介します。ナムルの量をコントロールすればヘルシーな海苔巻きになりそうですね。ぜひ参考にして作ってみて下さい♪

カリフラワー レシピ まとめ

日本ではいまいち人気がないと言われる「カリフラワー」、実は揚げるととってもおいしいんです♪しかも高血圧予防や高血糖予防にも効果的☆テレビでも紹介され今年大注目「カリフラワー」の揚げておいしいレシピをまとめてご…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

バリスタ 柳 隆晴

★資格、肩書き ・日本バリスタ協会ライセンスレベル1 ・ドリンクコ...

http://drinkmaster.hatenablog.com/

ページTOPに戻る