りんごの飾り切り「アップルスワン」をマスター!動画で作り方をご紹介します。

身近なフルーツ、りんごを使って、飾り切りにチャレンジしませんか?今回は、アップルスワンの作り方をご紹介します。ポイントは割り箸を使うこと!ゲストへのひと捻りしたおもてなしに、大いに話題になるはず。もちろん、お子様も喜んでくれますよ。

りんごの飾り切り「アップルスワン」

皆さん、フルーツの飾り切りを見たことはありますか?
カットしたフルーツを並べてバラのように見立てたり、スイカの皮をアートのように彫ったり、さらにはオレンジなどの皮を生かして飾り付けしたものまで、さまざまあります。フルーツの盛り合わせで飾り切りをしたフルーツが入ると、一気に華やかになりますよね。

今回は身近なフルーツ「りんご」を使って、とびっきりの飾り切りをご紹介します。ゲストへのおもてなしはもちろん、お子様にも喜んでもらえる「アップルスワン」の作り方です。周りの人たちから、「どのようにして作ったの?」と大きな感動を呼ぶはず!

ぜひ動画を見ながら、ご家庭でチャレンジしてみてくださいね。

アップルスワンの作り方

材料・用意するもの

・りんご…1個
・割り箸…1膳
・包丁
・まな板

1. 土台(スワンの体部分)を作ります

包丁を少し斜めにして半分にカットします。頭とお尻をずらして切ることがポイントです。
お尻を残したほうのりんごを用意し、切り口を下にしてまな板の上にのせます。

りんごの上下に割り箸をセットします。
真ん中約1センチほどの幅を残して、包丁が割り箸に到達するまで縦にカットします。
割り箸の上に包丁をすべらせるよう、横からもカットします。
すると、カットした部分が外れます。
逆側も同様におこないます。これで、土台となる部分が完成です。

2. 羽を作ります

先ほどカットして外したりんごを、割り箸にセットします。

横から切り込みを入れ2〜3ミリ残します(最後まで切りません)。次に縦にカット。高さのあるほう、2〜3ミリ幅の箇所から、包丁を入れてカットします。

特集

SPECIAL CONTENTS