ローディング中

Loading...

「食べる順番ダイエット」は、食事の献立を意識したダイエット法。シンプルなやり方で効果が高く、何を食べてもよいので気楽に続けられます。やせる理由、やり方、効果アップのコツを詳しくまとめました。ぜひ今日から試してみてください。

食べる順番ダイエットとは

旅行先の旅館の夕食を思い出してみてください。和食の会席料理の場合、ご飯はいつ出てきますか?ちょっとした「先付」が最初に来て、そのあと、お刺身の「向付」や焼き物、「炊き合わせ」で煮物が出て、最後にご飯が供されますよね。普段の食事と違って、コース料理の場合、味わいや色彩を楽しむことを重視しており、ご飯は味付けに合わないという理由で最後に出てくるんです。

今回の主役「食べる順番ダイエット」は、なんとなく、会席料理に似ています。やり方は後ほど詳しくお伝えしますが、基本的に野菜・海藻・きのこ類から食べ始めて、次にお肉や魚などのおかず、そして最後に主食を摂ります。これだけのことですが、ダイエットや生活習慣病の食事法として効果が高いんです。

では、なぜ食べる順番を変えるだけで、ダイエットに役立つのでしょうか。その効果、やり方、効果アップのコツまで、詳しくまとめてみました。

食べる順番ダイエットの効果

そもそも食べる順番ダイエットは、糖尿病患者さんの食事療法として考案されました。糖尿病の方は食後の血糖値を上げないようにすることが必要不可欠で、従来、カロリー計算を柱にしていましたが、食べる順番ダイエットの場合、カロリーを意識しながらも「炭水化物」に着目しています。なぜなら、炭水化物に含まれる「糖質」が、食後血糖値を急上昇させてしまう根本的な原因だからです。

昨今、「糖質制限」や「低炭水化物」が広く知られるようになりました。食べる順番ダイエットも、糖質をいかに抑えるか、という意味では基本的に同じ考え方です。

ただし食べる順番ダイエットの場合、唯一違うのは、糖質を避けるのではなく、減らすこと。まったく摂らないわけではなく、これまでより摂取量を減らしつつ、少量でも食べるようにすすめています。そのため、炭水化物がどうしてもやめられない人にとって、うれしいダイエット法でもあるんです。食べる順番ダイエットの具体的なメリットを、以下にまとめてみました。

食後血糖値の上昇を抑える

糖質の塊ともいえるご飯やパンなどの炭水化物を最初に摂ると、食後血糖値は急上昇します。そうすると、体のなかでインスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンがたくさん出ている状態が続くと、糖が脂肪に変わり、しかも脂肪を体にため込んでしまうんです。

食べる順番ダイエットでは、野菜や海藻、きのこなど食物繊維が豊富なものを最初に摂ります。食物繊維が小腸に取り込まれると、そのあとに入ってくる糖質の吸収が抑えられるので、食後血糖値を急上昇させずに済むんです。

カロリーが自然と減る

食べる順番ダイエットでは、最初に低カロリーの野菜などを摂り、ある程度、お腹を満たします。そのため、カロリーが高いおかず、主食の摂取量が自然と減るので、カロリーを抑えることができるんです。また、食物繊維の多いものは結果的によく噛むことになるので、少量でも満腹感を得やすいというメリットもあります。

食べる順番ダイエットのやり方

では、具体的に食べる順番ダイエットはどのようにおこなうのでしょうか。先ほどから野菜類、おかず、主食の順番で食事をするとお伝えしていますが、この原則は変わりません。もう少し細かく見てみましょう。

野菜、海藻、きのこ類から食べる

野菜や海藻、きのこは、食物繊維を豊富に含む食材で、しかも低カロリー。野菜であればサラダ、海藻であればもずく酢、きのこであれば和え物など、摂り方はなんでもOKです。これらを合わせたメニューでもいいですね。食物繊維の作用で食後血糖値を上がりにくくし、お腹もある程度満たされます。

次に、おかずを食べる

おかずというのは、要するにタンパク質のことです。魚料理や卵料理、大豆料理を食べるようにしましょう。もちろんお肉料理もOKですが、カロリーのことを考えると、脂身の多いお肉はできれば控えめにして、赤身肉や鶏肉を選びましょう。

最後に主食を食べる

ご飯、麺類、パンなどの主食は最後に食べます。麺類は「早食い」になるおそれがあるので、ご飯やパンのほうがおすすめ。ただし、食べてはいけないわけではないので、麺類を食べるときはよく噛むようにしましょう。

食べる順番ダイエットを外食で実践

ビュッフェの場合

外食で最も食べる順番ダイエットを実践しやすいのが、ビュッフェです。数あるメニューのなかから自分で選べるので、上で述べたやり方を再現できます。サラダなどから最初に摂り、次に魚やお肉料理、最後に主食。食べる量、食べる順番を自分でコントロールできるので、ビュッフェ形式はおすすめです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

レシピ まとめ

具だくさんのお味噌汁は、その一杯だけでお腹を満たしてくれます。根菜、きのこ、お豆腐などをたっぷりと使ってヘルシーに仕上げてもよいですし、お肉や魚介を使えばボリューム満点。朝食から夕食までおすすめの具だくさん味…

作り置き まとめ

ヘルシーでお手頃価格の「鶏胸肉」は、主婦の心強い味方食材。今回は、作り置きできるヘルシーでおいしいレシピを15件ご紹介します。忙しい日でも作り置きおかずがあれば、家族を待たせずにごはんを出せますよ。お弁当にお…

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ページTOPに戻る