動画で詳しく説明!ヒラメの上手なさばき方と下処理のテク3つ

お刺身や煮付けなど、アレンジが豊富なヒラメ。でもさばき方が分からない…そんなあなたの為に、今回は動画で分かりやすくヒラメの下処理からさばき方、レシピまでご紹介します!これをマスターすれば、あなたも上級者の仲間入り♩

2017年5月29日 更新

えんがわもおいしくいただきましょう

お寿司で食べることが多いえんがわ。とろりと口の中でとろける食感が人気の寿司ネタです。えらを動かすための筋肉なので身の両側に帯状についています。自前でさばくと、贅沢にたくさん食べられますね。

さばいたヒラメをアレンジ

キウイソースのカルパッチョ

さばきたてのお刺身をちょっとおしゃれにアレンジ。作り方はまず、ヒラメに白だしを振りかけて下味を付けます。次にすりおろしたキウイと調味料を混ぜ合わせて皿に流し、ヒラメを盛ってピンクペッパーとべビーリーフを飾るだけです。

ヒラメ本来の甘さにキウイフルーツの酸味がよく合います。透明なヒラメにグリーンのきれいなソースが美しく、パーティーでも喜ばれそうなひと品です。

ヒラメのムニエル レモンバターソース

身が厚いヒラメを使ったムニエルはいかがですか?塩こしょうで下味をつけて小麦粉をはたいたヒラメをにんにくが香りが出るまで熱したフライパンで両面こんがりソテーします。焼き上がったら皿に盛り付け、バター、しょうゆ、レモン汁をひと煮立ちさせたソースをかけたらできあがり。

身が厚いヒラメはソテーにするとプリッと香ばしく仕上がります。レモンバターのさっぱりソースでいただきます。

ヒラメのお刺身

鮮度の良いヒラメはお刺身で贅沢に頂きましょう。5枚にさばいたヒラメのサクを、薄くそぐように切ります。エンガワも脂が乗っていておいしくいただけます。

釣ってから1日から2日経つと身がやわらかくなってさらにおいしくいただけますよ。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pippipippi2

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう