連載

熱中症が怖い季節。赤ちゃんの脱水を予防するポイントまとめ

夏が近づいてきたこの季節、心配なのは「熱中症」ですよね。大人よりも体が小さい赤ちゃんの脱水を予防するにはどうれすばいいのでしょう?今回は、見逃したくない熱中症のサインと、予防のかなめとなる水分補給のポイントについてお伝えします。

2017年7月17日 更新

夏に向けて!覚えておきたい熱中症対策

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。

この時期から特に私が気をつけていること。それは水分補給です。外に行く時はもちろん、室内で遊んでいる時も、頻繁に水分補給を心がけています。なぜなら熱中症は室内でも起こるからです。

赤ちゃんは大人よりも熱中症になりやすいと言われています。それは、赤ちゃんの身体が小さく、体温調節機能が未熟で熱がこもりやすいからです。体内の水分量も大人は60%ですが、赤ちゃんは70~80%。大人よりもたくさんの水分が必要なんです。

大人は、のどが乾いたら自分で水分を補給することができます。でも、赤ちゃんは自分で飲むことができません。だから、いつも以上に大人が気をつけてあげなくてはいけないのですね。

これって熱中症?チェックポイント

「しんどい」「体がだるい」など自分でいえない赤ちゃん。赤ちゃんの体調不良を見つけてあげられるのは、周りにいる大人だけです。
そこで、覚えておきたい「熱中症を見分けるポイント」を紹介します。

熱中症チェックリスト

・機嫌が悪い
・泣き声に元気がない
・顔が赤い
・唇が渇いている
・脈が弱い
・汗を大量にかいている
・おしっこの色が濃い
・おしっこの量が少ない/出ない
・吐く
・ぐったりしている
・水分を取らない
・発熱している

いつもと赤ちゃんの様子が違う場合は要注意!病院で診てもらうことも考えてください。
もし、赤ちゃんに意識がなかったりけいれんを起こしたりしている場合は、すぐに病院に行きましょう。

赤ちゃんの水分補給、4つのポイント

熱中症を予防するのにはさまざまな方法があります。そのひとつが水分補給です。水分補給について4つのポイントをまとめました。

1. 水分はこまめに飲ませる

水分は、こまめに飲むようにしましょう。食事の時は必然的に水分を取ることになりますが、気を付けたいのはそれ以外の時間。朝起きたとき、外出中、外出から帰った時、お風呂に入る時などなど、食事とは関係ない活動をした時にも水分を取ることを習慣にしてください。

2. ジュースではなくお茶や湯冷ましを

水分補給には、お茶か湯冷ましがおすすめです。ジュースなどの甘い飲み物は量を多く飲んでくれますが、糖分が多いのでおすすめできません。

3. 離乳食に汁ものを用意する

離乳食に汁ものを用意すると、自然と水分を身体に入れることができます。お米(おかゆ)にも水分がありますよ。

4. 食事の前は大量に与えない

食事前にたくさん水分を飲んでしまうと、おなかがいっぱいになってしまいます。食事前に水分を与える際は少しだけにしてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

離乳食インストラクター協会

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう