ローディング中

Loading...

子供の頃、苦手だという友だちが多かったピーマン。「ちゃんと食べなさい!」と怒られた覚えがある方も大勢いると思いますが、それも当然だと思えるほどにピーマンは栄養満点。詳しく知ればあなたもきっとピーマンを食べたくなるはずですよ。

ピーマンを食べないなんてもったいない

ピーマン、好きですか?きらいな人が多い食べ物というと真っ先に思い出される食材ですが、はっきりいって食べないなんてもったいない!知れば知るほど食べた方がいいと感じる……、ピーマンとはそういう野菜なんです。

たしかに風味は少し独特ですが、ほとんどの人は子どもの頃の苦手意識のせいで食わず嫌いをしているだけのはず。ですから、この記事を一読して興味がわいたら、ぜひ改めてチャレンジしてください。一転、好物になる可能性だってありますよ。

ピーマンとは

「ピーマン」はフランス語で、とうがらしの一種のこと。文字どおりとうがらしの一種で、中南米原産。トマトと同じナス科に属し、栄養価が高いことで知られています。たとえばビタミンCの含有量を例にすると、トマトの約4倍。

スーパーや八百屋さんでよく見る緑色のものはまだ未成熟な状態で、完熟すると赤くなります。黄色のものはその間……ではなく別の品種なんだとか。

ピーマンに含まれる栄養成分

どうしてピーマンを食べるべきなのか。それを語る前に、まずはピーマンに含まれる栄養素の主なものを見てみましょう。それだけで、あなたがピーマンを見る目が少し変わるかもしれません。なお、以下はすべてピーマン100gあたりの含有量です。

ビタミンC:76mg

先でもお伝えしたように、ピーマンはビタミンCを豊富に含む野菜。中サイズのピーマンを4つ食べると、1日に必要なビタミンCをすべてまかなえるんだそうです。ピーマンは果肉が厚いので、加熱に強い点も魅力。サッと炒める程度であれば、ビタミンCの損失はごくわずかです。

βカロテン:400μg

にんじんに多く含まれることで知られるβカロテンですが、ピーマンの含有量もかなりのものです。ちなみに、βカロテンは脂溶性なので、炒めものや揚げもので食べると効率よく摂取できます。

食物繊維:2,3g

ピーマンは、食物繊維を多く含む野菜のひとつです。具体的には、水溶性の食物繊維が0.6gで、不溶性の食物繊維が1.7g。成人女性が1日に必要とする食物繊維は17gなので、ピーマン100gだけでその1/10を摂ることができます。

カリウム:190mg

ピーマンは毛細血管を強くするといわれるカリウムも豊富。血圧が気になる方にもおすすめできる野菜です。

ピーマンの効果・効能

さまざまな栄養素をバランスよく含むピーマンには、さまざまな効能を期待できます。あなたから見て気になる効果もきっとあるはず。

夏バテ予防・疲労回復

βカロテンを含むビタミンA、ビタミンCは細胞の働きを活性化する成分。このふたつが豊富なピーマンは、夏バテ予防や疲労回復にピッタリな食材です。暑さで食欲が落ちたと感じたら、ぜひピーマンを食べるようにしてください。きっと調子が戻るに違いありません。

シミ・日焼け対策

ピーマンに含まれるビタミンCは、メラニン色素の分泌を抑え、シミや日焼けを予防します。紫外線に対する感度を上げてしまう光毒性のソラレンを含まないピーマンは、レモンやグレープフルーツなどよりもはるかにビタミンCの摂取に向いた食材だといえるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

みなさんは、タリアテッレとフェットチーネの違いを説明できますか?太さや原料が同じものだと思っていた方もいるかもしれませんね。意外と知られていない、こんな素朴な疑問を消化しましょう。そして、たくさんの種類のパス…

納豆 調味料 まとめ

おいしいだけでなく体にいいこといっぱいな納豆ですが、付属のタレばかりじゃ飽きちゃいますよね!納豆に合う調味料、もっとたくさんあるんじゃないでしょうか。というわけで、いろいろな調味料と納豆の相性を確かめてみまし…

皆さんは「ピータン」ってご存知ですか?そう、あの「黒い卵」です。では一体何の卵なのか、知っていますか?そもそも、どうして黒いのでしょう?謎に包まれた「ピータン」について、その由来や歴史から食べ方まで調べてみま…

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

ルートビアをご存じですか?ビアと名はつきますが、子供も飲めるおいしい飲料のようなんです。じわじわ人気のルートビアについて、味やその正体についてご紹介!海のきれいなあの地域で人気のルートビア、見つけたらぜひ飲む…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...

ページTOPに戻る