ローディング中

Loading...

岡山の名物、マスカット・オブ・アレキサンドリアを知っていますか?「ブドウの女王」と呼ばれる高級なマスカットは、その9割が岡山で生産されています。淡い黄緑色に輝くマスカットは、ひと粒食べれば誰もが笑顔になれるおいしさ!その魅力に迫ります。

キラキラ輝く淡い黄緑色のぶどう

夏になると食べたくなる、プルンとした大きな粒のぶどう。甘みと酸味のバランスがちょうどよく、ひと粒ふた粒食べれば、のどが潤うと同時に爽やかな気分になりますよね。

最近では、皮ごと食べられるもの、種が入っていないものなど様々な品種があります。食べやすさとおいしさを追求してどんどん品種改良が進められ、巨峰のように黒いぶどうから、赤いぶどう、緑色のぶどうまで多くの種類が生まれました。

今回は淡い黄緑色をしたぶどう、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」をご紹介します。ゴージャスな名前がとっても気になりませんか?
名前の由来、日本に伝わってから栽培が定着するまでの歴史、実は身近なぶどう(?)であるマスカット・オブ・アレキサンドリアの魅力をたっぷりとご紹介します。

高級ぶどう!マスカット・オブ・アレキサンドリア

マスカット・オブ・アレキサンドリアとはぶどうの品種の一つで、淡い黄緑色がとてもきれいで鮮やかなマスカットです。というと、マスカットの最高級品種のようなイメージを持ちますが、じつは一般的にマスカットと呼ばれるものはすべて、マスカット・オブ・アレキサンドリアを指します。

上品な甘さとやさしい酸味、芳醇な香りが鼻に抜け、食べるととてもみずみずしい味わい。乾いた喉を潤してくれます。その味わいから「ブドウの女王」と呼ばれる高級な品種です。

原産地は北アフリカで、紀元前から栽培される非常に歴史の古いマスカット。エジプトのアレキサンドリア港から地中海へ広がったことが名前の由来だそう。その後、ヨーロッパはもちろん、アメリカやオーストラリアなど、日本では明治時代以降に伝わり栽培されるようになりました。

岡山の温暖な気候が栽培にぴったり

日本での栽培の始まりは、1880年頃に兵庫県印南新村(現在の稲美町の一部)に開かれた国営の播州葡萄園(ばんしゅうぶどうえん)に苗が植えられたのが最初と言われています。その後、1886年岡山県津高郡栢谷村(現在の岡山市栢谷)の山内善男氏と大森熊太郎氏が播州葡萄園から苗木と栽培技術を持ち帰り、ガラス温室による栽培を成功させ、岡山県での栽培がスタートしました。

岡山県の気候は日照時間が多く降水量が少ない、からっとした温暖さが特徴。高温で乾燥した風土はマスカット栽培に最適で、ガラス温室による栽培が成功したあとも、栽培技術の研究が進められました。現在、日本で生産されるマスカットの9割が岡山産。マスカットは「晴れの国 おかやま」を代表する果物です。

皮ごと食べられるマスカット

食べる時は、房ごと軽く水洗いをして、少し冷やしてから食べましょう。皮は薄いため皮ごと食べることができます。皮と果肉の間にうま味があるため、皮ごと食べれば果実をかんだ瞬間、甘さと香り豊かな味わいが口の中いっぱいに広がりますよ。種が入っているため、気をつけて食べましょう。

旬の時期と平均糖度

旬の時期は、5月下旬〜11月下旬(6ヶ月間)。粒は12~15gくらいと大きく、1房は400~600gほどの重量があります。平均糖度は18度ほどで、その年の出来栄えによっては22度と非常に高い糖度を示すそうです。

おいしさの見分け方

皮に張りがあり、ふっくらとしたものを選びましょう。また、皮の表面に白い粉(ブルーム)が付いているものがおすすめです。白い粉は、ぶどうのミネラル成分で新鮮な証拠です。

マスカット・オブ・アレキサンドリアの価格

マスカットの価格は、栽培の仕方により差が出るようです。
栽培方法には2種類あり、ハウス内を加温機で温めて栽培する「加温栽培」と、9月頃から始まる「無加温栽培」があります。早期加温栽培で育てられるマスカットは、燃料費がかかることや希少性が高まるため、値段が高くなるようです。

今年2016年は岡山県でマスカットの栽培が始まってから、ちょうど130周年という記念の年。2016年の初競りは、5月に東京大田市場で行われ、一箱30,000円という最高値記録タイという高値をつけたそう(2015年も同額)。まさに価値の高い高級なマスカットと言えますね。一箱に1房〜2房入るマスカット・オブ・アレキサンドリアは見た目も豪華で、この時期には贈答用として大切な方やお世話になっている方へ贈るのにピッタリな品物です。

家庭で食べるのであれば、無加温栽培が始まる9月以降からがおすすめ。だいたいインターネットでは、3500円〜7000円ほどで購入できます。スーパーではもう少し買いやすい価格帯で販売されるでしょう。

かすかな甘口が上品なワイン

アメリカのカリフォルニアやオーストラリアなどでは、主にワインの原料として使われているマスカット・オブ・アレキサンドリア。日本ではそのまま生食として食べることが多いですが、生産地の岡山では、ワインとしても加工されています。

気になる方は、ネットでも購入できるようなので、良かったらチェックしてみてください。
かすかな甘口が上品なワイン

出典:www.amazon.co.jp

サッポロ マスカット・オブ・アレキサンドリア 2014 720ml ■岡山の人気ワイン[クール対象商品]

¥2448

Amazonで購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

旬のフルーツ集合♩ラモフルータスカフェで「フルーツビュッフェ」開催

フルーツ ビュッフェ 銀座 カフェ

美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE(ラモフルータスカフェ)」にて、旬のフルーツと食事が楽しめる『フルーツビュッフェ』が開催されます。旬のフルーツはもちろん、ジュー…

秋の味覚がひとつに♩資生堂パーラーから「葡萄パフェ」登場!

ぶどう パフェ スイーツ

資生堂パーラーから、秋のフルーツをぜいたくに使用した「葡萄パフェ」や栗スイーツが登場します!その時一番おいしい葡萄を使用するため、当日までどの種類の葡萄を食べられるのか分からないのだとか。ぜひ、こだわりが詰ま…

チーズムースとベリー入り♩マックカフェに「葡萄スムージー」デビュー

ぶどう スムージー ドリンク

マックカフェ バイ バリスタから、新コールドドリンクメニュー「ふわふわチーズムースとごろっとミックスベリーの葡萄スムージー」が発売!ふわふわチーズムースと、クランベリーやカシスなどの果肉をまるごとトッピングし…

ジューシーで贅沢♩ソルビンに「マスカットいちごソルビン」限定発売

いちご かき氷

コリアンデザートカフェ「SULBING(ソルビン)」にて、『マスカットいちごソルビン』が季節限定で登場。皮ごと食べられるマスカットがたっぷりと盛り付けられ、トップにいちごが乗ったジューシーて…

スイカって野菜?果物?じつは「野菜でもあり果物」という意外すぎる事実

スイカ フルーツ

暑い夏には、スイカが食べたくなりますよね。みなさん、スイカが野菜と果物のどちらかをご存知ですか?果物と思われている方が多いようですが、スイカは実は野菜なのです。今回はスイカが野菜か?果物か?と保存方法、おすす…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

これで安心!春のハイキングに持っていくべき『食べ物』まとめ☆

まとめ

自然と触れ合い、清々しい時間を過ごせる「ハイキング」はやっぱり春ですよね〜♡ 寒い冬とは違う、爽やかな空気と新緑を目にするとワクワクしてきます♪普段アウトドア派じゃない人や初心者さんも心配いりません!コレでポ…

秋田に行ったら絶対買いたい♡ おすすめお土産まとめ

秋田 お土産 お菓子 まとめ

秋田といえば豊かな自然と伝統を誇る東北有数の観光地。十和田湖、奥入瀬渓流などは四季それぞれに美しい表情を見せてくれます。そして、秋田にはおいしいものもたくさん!秋田に行ったら買うべきお土産をご紹介します。

お取り寄せして食べたい!絶品点心「7」選♪

中華 まとめ お土産

点心は主食でもスナック感覚でも食べられますし、嫌いな人はいないのではないかと思いますが、なんとネットのお取り寄せで名店の点心を味わうことができちゃうんです!ここではそんなメニューの数々をご紹介したいと思います。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

エビなし神コスパ!鶏むね肉でエビマヨ風の作り方

レシピ

甘すっぱいソースたっぷりのエビマヨ、おいしいですよね。でも背わたを取ったり尻尾を処理したりちょっと面倒…そこで新提案!鶏むね肉を使って手軽にエビマヨ風を楽しんでみませんか?ご飯やお弁当のおかずに、おつまみに、…

ウマすぎ注意!カマンベールねこまんま焼きおにぎりは独り占めしたくなるレベル

レシピ

ご飯にかつお節とおしょうゆをかけて食べるねこまんま。今回は焼きおにぎりにアレンジしてみました!そんじょそこいらのおにぎりではありません。ウマすぎ注意の「カマンベール入りねこまんま焼きおにぎり」です。独り占めし…

スタバで糖質制限!「水野スペシャル」はダイエット中にもぴったりなカスタマイズ

コーヒー まとめ

さまざまなカスタマイズができることでもおなじみの「スタバ」ですが、ダイエット中に飲んでもOKの「水野スペシャル」というカスタマイズがあるのを知っていますか?どのように考案されたのか、具体的な注文方法などをご紹…

myan3

野菜が大好き、野菜ソムリエ。素材を活かしたレシピが好きで、食品スー...

ページTOPに戻る