札幌「森の間カフェ」のダッチベイビーパンケーキで至福のひと時を

札幌の中心部にある「森の間カフェ」は、ダッチベイビーパンケーキを中心にフレンチトーストやお食事系のメニューも充実している人気のカフェです。ダッチベイビーパンケーキの不思議な食感は、1度食べたらやみつきになりますよ。

2017年5月8日 更新

ライター : りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 様々な角度から「食」について考えていけたらなと思います。

ダッチベイビーパンケーキって?

「森の間カフェ」の看板メニューは『ダッチベイビーパンケーキ』。 ダッチベイビーとは、ドイツ風のパンケーキのこと。卵をふんだんに使用したジャーマン生地でできていて、外はカリカリ、中はふわふわしている新感覚スイーツです。シンプルながらも、なぜか飽きがこない不思議な味。 そんなダッチベイビーパンケーキを「森の間カフェ」で堪能してみてはいかがでしょうか?

ぬくもりのある空間「森の間カフェ」

木調であたたかみのある外観

札幌の中心部にあるショッピングモール「IKEUCHI」の4Fに位置する「森の間カフェ」。 ショッピングをしながら上へあがっていくと木彫のお店が目に入ります。あきらかにまわりとは違ったやさしい雰囲気のカフェで、ドアひとつない斬新なデザインです。混雑時でも落ち着いた空間は変わらず、お店の雰囲気のおかげでゆったりすることができます。
下川町の木材を使用した店内は、心地よい空間が広がっています。気軽に立ち寄れる、開放感がある雰囲気も魅力のひとつ。温かなオレンジ系の照明が癒しの効果絶大ですね。

人気のダッチベイビーパンケーキ

ダッチベイビーパンケーキ(プレーン)

ダッチベイビーパンケーキ(プレーン)は、チーズクリームにレモンのトッピングという、じつにシンプルな味付け。外はパリッとしていて、中はなめらかもちもちのドイツ風パンケーキです。 口に運ぶと、レモンの酸味が鼻に抜けさわやかな気分に。チーズクリームの濃厚な風味が口の中に広がり、シンプルながらも幸福感を感じることができるひと品です。

ダッチベイビーパンケーキ(りんごキャラメリゼ)

ダッチベイビーパンケーキ(りんごキャラメリゼ)は、オーブンでじっくり焼きあげられていて、その上に甘く煮詰めたりんごがのっています。りんごは香ばしいキャラメルがかかっていて、ほどよい苦みとりんごの酸味がマッチしたパンケーキです。お店で一番人気のメニューなんだとか。

ダッチベイビーパンケーキ(バナナチョコレート)

お子さまや甘党の方に特に人気なダッチベイビーパンケーキ(バナナチョコレート)。バナナが一面にのせられていて、たっぷりのチョコレートソースがかかっています。生地のサクサク感と、バナナのねっとり感がたまりません。甘いものが食べたくなったら、このひと品をどうぞ。

トッピングにはアイスクリームを!

トッピングにアイスクリームをプラスすることができます。バニラ、チョコ、抹茶から1種類選ぶことができ、値段は100円とリーズナブル!あつあつの生地と、ひんやり冷たいアイスクリームは間違いない組み合わせですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS