ローディング中

Loading...

じゃがいもは炭水化物ですが、食べたら太るというのはカン違い。今回はじゃがいもダイエットの方法や効能、おすすめの簡単レシピなどをまとめてご紹介します。コツをつかんで上手に食べれば、むしろダイエットに向いている食材なんですよ。

「じゃがいも=太る」は間違い!

春がすぎ、初夏に入れば新じゃがの季節。この時期のじゃがいもは皮がうすく、風味も強いように感じられますね。おいしい食べ方がたくさんある食材だけに、いろいろな料理に使いたくなりますが、気になることがひとつ。それは、「食べたら太るかな」ということ。

じゃがいもを食べると太るというイメージは、炭水化物を多く含んでいるところからきているのでしょうね。でも、安心してください。じゃがいもはむしろダイエットに向いている食材。「じゃがいもダイエット」でやせたという人が、世の中にはたくさんいるんですよ。

じゃがいもダイエットとは

じゃがいもダイエットとは、その名のとおりじゃがいもでやせようというダイエット法です。やり方は簡単で、食前にじゃがいもを1、2個食べるだけ。とても簡単に実践できて、しっかり食べながらやせていけるので、食欲を抑えることが苦手な人でも結果を出しやすいのだとか。

じゃがいもに含まれるカロリーと栄養素

そもそも、じゃがいものカロリーは100gあたり76kcalで、200gでも約150kal。白米100gは160kcal程度ですから、それほど高カロリーというわけではありません。

また、意外と知られていない事実ですが、じゃがいもにはダイエットに役立つさまざまなビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。以下は、なかでも注目したい成分です。

■ビタミンC
じゃがいもはビタミンCが豊富で、1日に必要な摂取量100mgを中サイズのじゃがいも1個でまかなえます。美容成分として知られるビタミンCは、体の脂肪燃焼力アップにも効果的です。

■クロロゲン酸
じゃがいもの皮に多く含まれているクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種。脂肪の蓄積を抑える働きがあり、最近注目を集めています。

■カリウム
体の塩分濃度を調整し、利尿作用もあるカリウムは、むくみや水太りの解消に役立ちます。

さらに注目したい、ふたつの成分

また、じゃがいもの炭水化物とたんぱく質のそれぞれに、ダイエットを力強くサポートする成分が含まれています。

■ポテイン
じゃがいもに含まれているポテトプロテイン=ポテインには、満腹感を持続させ、食欲を抑える効果があります。ある実験で、健康な成人男女12名にポテインを摂取してから食事をしてもらったところ、通常よりも20%も食事量がダウンしたとか。

■レジスタントスターチ
じゃがいものデンプンに含まれる炭水化物の一部に、レジスタントスターチ(難消化性デンプン)が含まれています。レジスタントスターチの特徴は、分解・吸収されづらいこと。エネルギーになりにくいため、血糖値の上昇もゆるやかになります。

じゃがいもが持つ効果効能

ここからは、ダイエットをする上でじゃがいもにどのような効果が期待できるのか、解説します。

食べ過ぎを防げる

ポテインが分解されるとペプチドになり、「満腹ホルモン」と呼ばれるコレシストキニンの分泌をうながします。少量で十分な満腹感を得られるので、早食いさえしなければ食べすぎることはなくなるでしょう。

満腹感が持続する

じゃがいもは、白米と比べると2.5倍、パンと比べると3倍も長くお腹に留まるといわれています。食欲との戦いはダイエットには付きものですが、腹持ちのいいじゃがいもを食べることで、ストレスをかなり軽減できるはず。

お腹の調子が整う

レジスタントスターチは善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善にも役立ちます。腸内をいい状態でキープすれば、体液の流れがよくなるので、新陳代謝アップも期待できますよ。

じゃがいもダイエットの正しいやり方

そんなじゃがいもダイエットの効果を最大限得るには、どのようにすればいいのでしょうか。

・食事の30分ほど前に、じゃがいも1個か2個と、コップ1杯の水を摂る。
・じゃがいもは、皮付きのまま食べる。


基本的には、以上のことを守ればOK。じゃがいもの調理法は、皮付きのまま蒸すのがベターです。また、なぜ食事の前に食べるのかというと、じゃがいもで満腹中枢を刺激するため。一緒に水を飲むことで、じゃがいもが水分を吸い、胃の中で膨張します。

ダイエットに役立つおすすめレシピ

やせることを第一とするなら、シンプルに蒸したじゃがいもを皮付きのまま食べるのが一番ですが、それでは飽きてしまいますよね。カロリーを考えながらの調理であれば、ダイエット中の気分転換にもなりますので、ぜひ以下のレシピを試してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

本格も即席も!簡単「デミグラスソース」の作り方をマスターしよう

レシピ オムライス ハンバーグ グラタン

煮込むだけでできる、簡単なデミグラスソースの作り方をご紹介します。玉ねぎをしっかり炒めて作る本格デミグラスソースと、すぐにできる即席デミグラスソース。どちらも覚えておくと、いざというときにとても助かりますよ◎…

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

簡単おしゃ見え!「鯛のカルパッチョ」のレシピ&ソース別アレンジ7選

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

知っておくべきチーズと日本酒の人気マリアージュ3選+α

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

夏に向けて準備♪虫刺されの予防効果が期待できる食べ物まとめ

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

記事広告

世界の肉料理とマリアージュ!コク深い「キリン 生茶」で繊細な味わい引き立つ♩

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

ページTOPに戻る