スイカの栄養と嬉しい美容効果とは?

Photo by Ayako Kunishio

リコピン

リコピンはトマトなど赤い食材に多く含まれるカロテノイドの一種。抗酸化作用が高く、活性酸素の働きを抑えて細胞の老化を防いでくれます。美肌作りやアンチエイジングはもちろん、がんや動脈硬化など生活習慣病の予防にも欠かせません。リコピンはスイカの赤い果肉部分に多く含まれています。 また、黄色いスイカの果肉部分には、同じく抗酸化作用が高いカロテノイドの一種「βカロテン」が多く含まれています。紫外線が強い夏はお肌のダメージが気になります。美肌対策のためにも、スイカのリコピンを味方につけましょう!

シトルリン

シトルリンとはアミノ酸の一種で「スーパーアミノ酸」とも呼ばれます。血管のアンチエイジングや血流の改善作用により、女性の多くが悩む冷えやむくみを予防します。 ほかにも高血圧や動脈硬化の予防、腎臓機能の促進、疲労回復、新陳代謝の促進、美肌サポートといった効果も期待されている注目の栄養素です。 シトルリンはスイカの赤い果肉部分よりも白い皮部分に多く含まれています。冷えやむくみが気になる人は、包丁でスイカの皮を薄く切り落として白い部分もしっかり食べるようにしましょう!

カリウム

カリウムとは、細胞内の余分なナトリウムの排出を促す栄養素。利尿作用を高め、むくみや高血圧の予防・改善に効果が期待されています。 カリウムはシトルリン同様、スイカの果肉よりも白い部分に多く含まれています。デスクワークが多い人や出産直後の女性はむくみに悩まされがち。スイカの白い部分を積極的に食べてむくみを改善しましょう!

【レシピ】スイカプレーゼサラダ

Photo by Ayako Kunishio

材料(1人分)

スイカ 約100g(赤い果肉部分) プロセスチーズ 適宜 バジル 適宜 EXヴァージンオリーブオイル 小さじ1/3
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ