ローディング中

Loading...

日本酒を作る過程でできる発酵食品の「酒粕」。健康・美容の効果効能が高く、注目を集めている食材なんですよ。今回は、そんな酒粕の効能や栄養、保存方法などをまとめました。酒粕の多彩な栄養で、体の内側から健康になりましょう!

酒粕とは?

酒粕は、日本酒などのもろみを圧縮した後に残る白色の固形物で、日本酒を作る過程で出来る「発酵食品」です。良質なタンパク質やビタミンB群、食物繊維などを含んでいることから、近年、健康・美容効果の高い食品として急に話題を集めるようになりました。実際、大学や病院でも盛んに研究が進むようになり、発酵による有用性の高い生成物質を含んでいることがわかってきています。

納豆、味噌、漬物など、日本は発酵食品の大国です。そのどれもが健康・美容効果を持つことで知られていますね。では、酒粕が特におすすめの理由とは?

今回は栄養、効果効能を中心に、酒粕の魅力を掘り下げてみます。

酒粕の栄養

酒粕に含まれる栄養成分のなかでも、ぜひ注目したいのが、一連のビタミンB群です。ビタミンB1、B2、ピリドキシン、葉酸、パントテン酸など、多彩なビタミンBを含んでいます

ビタミンB以外では、おそらくなじみのない名前だと思いますが、「レジスタントブロテイン」というタンパク質や「遊離リノール酸」という成分も含んでおり、それぞれダイエットや美肌作りに役立ちます。

以下、酒粕に含まれる栄養からわかる具体的な健康・美容効果をまとめました。

酒粕の健康・美容効果

肥満

先に挙げたレジスタントブロテインは、食物繊維と似た働きをするタンパク質です。脂質の代謝を改善したり、肥満を抑制させる作用があるといわれています。また、腸内環境を整え、昨今注目されている腸内フローラをよくしてくれる作用も見込めます。腸内フローラの安定は、健康と美容の底上げに欠かせないといわれていることは、おそらく、みなさんもご存じの通りです。

骨の健康キープ

私たちは年齢を重ねるとともに、骨の組織を壊すカテプシンLという物質を分泌するようになります。酒粕には、カテプシンLの働きを抑える物質が3種類もあると研究でわかっています。そのため、酒粕を摂ることで骨の密度をキープできるのではないかといわれています。

花粉症の改善

花粉症の症状は、カテプシンBという酵素によって作られる免疫グロブリンが原因で引き起こされると言われています。このカテプシンBの働きを抑える物質が酒粕に含まれているといわれており、花粉症の予防にも役立つといえます。

美肌

シミやくすみ、そばかすの原因となるメラニン色素。このメラニン色素になる前の物質「ドーパクロム」を生成するのがチロシナーゼという酵素で、酒粕に含まれる遊離リノール酸はチロシナーゼの働きを抑えることがわかっています。このことから、酒粕には、シミやくすみなどを予防し、肌を白くさせる作用が期待されているんです。
肥満の予防から美肌づくりまで、ここまで幅広く健康・美容効果を実感できる食材もめずらしいといえるでしょう。

酒粕の基本的な食べ方

酒粕を気軽に摂るためには、やはり甘酒が1番。味噌汁や豚汁など、汁物に加える方法も簡単なのでおすすめです。ただし、酒粕にはアルコールが含まれているので、注意してください

もし酒粕のアルコールを飛ばすためには、78℃以上の加熱が必要です。そのため、調理過程で自然とアルコールを飛ばすこともできます。もし、調理に加熱の工程がない場合、酒粕を水に溶かして鍋に入れ、数分間、沸騰させましょう。それでもアルコールを飛ばすことができます。

ただし、以上の方法を使っても、お子さまは摂取を控えてください。また、お酒に弱い人も、体とよく相談しながら摂取しましょう。

酒粕のアレンジレシピ

甘酒の作り方

ちぎった酒粕と水をミキサーにかけたあと、鍋に移し替え、とろ火~弱火で煮込みます。砂糖を少しずつ加え、お好みの甘さになったらできあがりです。

ミキサーと鍋があれば、甘酒は手軽に作れます。お酒が飲める方はぜひ作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

ハロウィン まとめ

もうすぐハロウィン♩飾りつけだけでなく、食欲の秋も満たしたいですよね。身近なコンビニでもハロウィン商戦が始まっています。中でもローソンのハロウィン商品は注目です。見た目の可愛さはもちろん、おいしいローソンのハ…

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る