行く価値あり!京都で人気のパン屋「ファイブラン」

パン通の間ではパンの街として有名な京都。中でもパン激選区と言われる地区で人気を誇る「ファイブラン」は、高級感のあるお店とクオリティの高いパンで、日々ファンを増やしている注目のお店です。今回は、人気のパンをピックアップしました。

高級感のある「ファイブラン」

烏丸御池駅(からすまおいけえき)からすぐの、室町通沿いにある「ファイブラン」。こちらは、2015年にオープンした人気上昇中のお店です。パン屋さんなのに、高級ホテルのエントランスに続いているかのような入り口は、とてもおしゃれですね。
店内に入ると、おいしそうなパンが、壁に沿ったテーブルにずらりと並んでいます。全体的にシックなデザインになっていて、間接照明と木のぬくもりが感じられるインテリアが店内の雰囲気を演出してくれています。自然光も店内に差し込むのでとても気持ちがいいです。

数多くのパンが余裕を持って並べられているのと、通路の幅が広めなのでゆっくり選べそうです。

こちらは、奥のカフェスペースです。こちらは外から見えないようになっていて、プライベート感があります。落ちついたウッド調のテーブルに、黒のソファとイス。パン屋さんのカフェスペースですが、落ち着いた大人な空間がありますね。

お店で人気のパンを紹介

「パティシエール」(¥170)

「パティシエール」(¥170)

ぷっくり丸い、手のひらサイズのパンに、かわいい貝殻の模様があしらわれた「パティシエール」は、お店の一番人気のメニューだそうです。ふわっとした、やや厚めのシュークリーム生地のようなパンの中には、トロトロで甘い自家製のカスタードクリームが入っています。

あっさりしすぎず、かといって重すぎない、丁度いいバランスのカスタードだそうです。
「バケット」(¥300)

「バケット」(¥300)

全粒粉でできている、とっても風味が豊かなバケットです。ぽっちゃり太めのシルエットがかわいいですね。お家でリベイクすると、外側はバリバリ、ザクザクとしていて、中はしっとりとした食感になるようです。ご家庭で、スープにつけたり、なにかをトッピンッグしたりアレンジしてみてください。
「ハニーローフ」(¥320)

「ハニーローフ」(¥320)

ふんわりと優しい味わいの「ハニーローフ」。素朴だけど、ほんのり甘いパンです。半分に切ったら、ハチミツとヨーグルトの甘い匂いが中からふわっと香ってきそうですね。ハーフサイズもあるので、ニーズに合わせて購入してください。
「自家製カレーパン」(¥240)

「自家製カレーパン」(¥240)

手に持ってみると、びっくりするぐらい柔らかく、甘みや香りもある生地に、自家製のビーフカレーがたっぷり入っています。人参、じゃがいも、玉ねぎも入ったしっかりとしたカレーなので、腹持ちもよさそうです。
「カカオ・ド・ショコラ」(¥250円)

「カカオ・ド・ショコラ」(¥250円)

ショコラ系のパンがお好きな方は、開店当初から人気のある「カカオ・ド・ショコラ」がおすすめ。ココアの生地にビターなチョコを練り込んだものになっています。カカオとチョコの組み合わせで、香り高いパンに仕上がっています。
「クロワッサン」(¥180円)

「クロワッサン」(¥180円)

中の生地がもっちりとして、とてもおいしいと評判の「クロワッサン」は、お家でリベイクしても、おいしさが変わらないと好評です。サクサクとした食感が、お家でも変わらず食べられるのなら、安心してテイクアウトできますね。
「イチジク・マスカット・ルヴァン」(小¥220)

「イチジク・マスカット・ルヴァン」(小¥220)

ドライイチジクと、ドライマスカットを大量に生地に練りこんだという「イチジク・マスカット・ルヴァン」。パンにマスカット、というのが珍しいですね。外側はパリパリ、中はしっとりとしていて、イチジクとマスカットがとってもジューシーです。ワインに合うパンとしておすすめですよ。
「しおロール」(¥110)

「しおロール」(¥110)

特集

SPECIAL CONTENTS