三浦市「高梨農園」のジャムやピクルスで、自然の恵みを感じよう

神奈川県三浦市にある「高梨農園」の手がけるジャムやピクルスを知っていますか?野菜や果物のよさを最大限に引き出した濃厚な味わいと、リーズナブルなお値段が魅力で、着実にファンを増やしています。今回は、人気の商品とその秘密についてお伝えします。

2016年5月20日 更新

神奈川県で話題の「高梨農園」

神奈川県三浦市にある「高梨農園」の人気商品は、同園の取締役・高梨尚子さんと妹の道代さんが開発にかかわった「無添加ジャム」と「三浦ピクルス」です。自社農園で収穫された野菜やフルーツを使用していて、ひとつずつ丁寧につくりあげた商品を販売しています。

最初は、出荷には向かない、規格外の野菜を有効活用するために作り出した商品でした。しかし、素材のおいしさをを引き出し、生産・加工・販売のすべてにこだわる姿勢が話題となり注目されるようになりました。

看板商品は、「無添加ジャム」

無添加ジャムは、レモン・夏みかんという柑橘系のものから、三浦の特産品である大根・スイカを使ったもの。とうもろこし・トマト・そらまめなど、普通はジャムにされないような野菜まで精力的にチャレンジしているんだとか。だからこそほかのところでは真似できない味わいが作り出せるのでしょう。その取り組みによってか、年間20種類ものジャムが作られています。

お値段は味によって違いがあり、1個350円〜500円で購入できます。
「高梨農園」さんは、“素材のよさを最大限に生かすため、手を加えるのは最低限に”をモットーとしています。そのゆるぎない信念から生まれた高品質な商品が、リピーターのお客さんを確実に増やしているようです。

「三浦ピクルス」も人気です!

野菜がふんだんに入った「三浦ピクルス」も人気の商品。大ぶりにカットされた野菜がピクルスにされ、ぎゅっと瓶に詰められています。バレンタイン用として、ハート型にカットされたピクルスや星型のピクルスの販売もあったりと、遊び心が感じられます。

お値段も480円とリーズナブルなのでリピーターが増えるのも納得です。
旬の野菜を新鮮なうちにピクルスにしていますので、その時々で商品のラインナップは変わります。こちらは、新玉ねぎ・にんじん・大根・ロマネスコに鷹の爪が入ったスパイシーなもの。お酒のつまみにもなりますし、お漬け物としてごはんと一緒に食べてもおいしそう。

ジャムもそうなのですが、ピクルスも種類が豊富です。カットされた野菜からは手作りのよさが感じられ、おいしさを閉じ込めた一品ということが伝わってきますね。

注目のオイルドレッシング

人気商品として、ジャムとピクルスを紹介しましたが、野菜から作られたノンオイルドレッシングも注目商品としておすすめです。こちらの商品は、大根、人参、玉ねぎの3つの味がラインナップされています。

「高梨農園」さんが作ったドレッシングがあれば、野菜をさらにおいしく食べられますね。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう