表参道「紅谷」で、かわいらしく本格的な和菓子を味わって

表参道駅から徒歩3分ほどのところにある、和菓子屋さん「紅谷」は創業が大正12年という老舗。商品のほとんどが受注生産という、手に入れるのが難しい和菓子ですが、だからこそ出会えた時の感動はひとしお!ぜひいただきたい和菓子です。

そのお店はビルの9階に

表参道の交差点から歩いて数分。賑やかな街並みから少し入ったところにあるのが、今回紹介するお店「紅谷(べにや)」。ビルの下に看板が出ていますが、実際の店舗は上の階にあります。ビルのエレベーターで8階まで登り、階段でひとつ上の9階へ上がってください。
爽やかな藍染ののれんをくぐり、お店に一歩足を踏み入れると、中は小さくこじんまりとした雰囲気。そこにまた味があって、心惹かれてしまいます。
腰掛けにも畳がひかれてあって、風情たっぷりですね。このお店は受注生産を中心とした販売方法ですから、こちらの棚に商品が陳列されていたらとても運がいいと言えます。好きな和菓子を見つけたときには、買い逃しのないようにしてくださいね!

ひとつひとつ丁寧に作られた和菓子

ミニどら焼き

お店の一番人気の商品が、こちらの手のひらサイズの小ぶりのドラ焼き。押してある魚の判もとても可愛らしいです。この焼き印は時期によって変わるそうなので、何度でも買ってみたくなりますね。
ふかっとした皮につぶ餡がぎっしり入っています。餡のつぶつぶ感がいい食感。やや甘めですが、くどさがないためとても食べやすく、老若男女に愛されているどら焼きです。
横から見ると、餡子の量をよくわかりますね。間に挟まれた餡は周りの生地より厚みがあり小ぶりながらにボリュームたっぷりです。

豆大福

小ぶりな豆大福です。大きさは大体ミニどら焼きと同じくらい。生地はふっくらもちもちしています。やや厚めの生地。中には丁寧に作られた色が薄めのつぶ餡がぎっしりと詰まっています。
お豆の量はそこまで多くないため、餡の甘さをしっかりと感じることができます。生地と餡が合わさったときの食感が、優しいハーモニーを奏でてくれます。

かしわ餅

なめらかな食感がクセになるかしわ餅。所々に香るかしわの香りがとても良いです。中の餡は程良い甘さで、周りを包んでいるシンプルな味のお餅とよく合います。

栗蒸し羊羹

新栗を使った栗蒸し羊羹です。栗と餡子の組み合わせは、それぞれがお互いの甘さを殺さない絶妙なバランス。小豆色の羊羹に栗の黄色が映えた、見た目も美しい商品です。

受注生産のみの老舗和菓子店へぜひ

いかがでしたでしょうか?こちらのお店は基本的に受注生産が中心ですが、たまに当日販売分がありますので、運が良ければそちらと出会うことができます。梱包もとても丁寧で、そのまま手土産として持っていけそうなほどなのだそう。近くに行かれた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

店舗情報

特集

SPECIAL CONTENTS