「フードランド」のエコバッグがおしゃれでかわいい!ハワイのお土産にぴったり

ハワイで長年愛されている、スーパーマーケット「フードランド」。地元の食材を豊富にとりそろえているのが魅力ですが、日本人観光客には特にエコバッグがかわいくておしゃれと大人気!お土産にもぴったりです。どんなデザインがあるのかご紹介します。

「フードランド」とは?

フードランド(Foodland)とは、ハワイではおなじみ、ロコ(地元)の人に愛されるスーパーマーケット。野菜や果物、肉・魚やドリンク、ハワイ料理のポケ(マグロやサケなどの切り身をしょう油・香味野菜で味つけたもの)をリーズナブルな値段で販売するお店です。

最初の店は、第二次世界大戦直後の1948年に、ホノルルでオープンし、初日は大勢のお客さんがつめかけて大混雑。一気に入りきらなかったのため、入場制限がおこなわれたぐらいなんです。

その後も1年に1店舗のペースで出店し、今なお人気を誇っているんだそう。そんなフードランド特製のエコバッグがかわいくてお土産にぴったりだと、いま話題になっているんですよ。

エコバッグがおしゃれでかわいい!

フードランドではカラフルでかわいいエコバックがいくつも販売されています。こちらは食料品がたっぷりと入りそうなしっかりしたエコバッグ。ポップなイラストと文字がかわいいですね。
こちらは、ハワイのローカルフード「ラウラウ」を押し出したエコバッグ。ラウラウとはタロイモの葉に肉や魚の切り身を入れて包み、蒸し焼きにする料理。最近では、ごはんやマカロニサラダと一緒に、ランチプレートで出される場合も多いんだとか。まさにこのイラストどおりですね。

ユーモアたっぷりのかわいいバッグ

こちらは、カラフルな色使い。左から家族や友達が一堂にあつまってワイワイと食事を楽しんでいる風景、まん中はポケボウル(日本の「鉄火丼」に似てます)、スパムおむすびが全面アップになったイラストが描かれています。お子さんのレッスンバッグに使ってもかわいいでしょうね。注目を浴びることまちがいなし!
ローマ字で「マイ・オミヤゲ」とプリントされています。もうしっかり日本仕様ですね。ハリウッドやニューヨークのイラストも織り交ぜつつ、もちろんハワイらしさも満載で、見ているだけで楽しくなっちゃうバッグですね。

シンプルな布製のバッグも

こちらは「LIVE」「LOVE」「LOCAL」の言葉の中の一文字が絵文字のようになっていてキュート。上ふたつの"V"と"O"は人間のかたち、LOCALの"O"は、指になっています。これはハワイでよく見かけるジェスチャーで、"ハング・ルース(Hang loose)"というもの。「心配ないよ!気楽にいこう」というような意味合いですが、実にハワイらしいデザインですね。
"Maikai"は、フードランドのカード名。会員に登録すると特別価格で商品が買えちゃうお得なものですが、ハワイの言葉では、「海」を意味します。こちらもシンプルイズベストで素敵。

ハワイ旅行の際には要チェック

新鮮な食料品だけでなく、エコバッグなどのグッズも個性的で魅力的なフードランド。あなたもハワイにいくことがあったら、ぜひ立ち寄って、地元ならではのおいしい食べ物をさがしてみてくださいね。もちろんエコバッグのチェックも忘れずにどうぞ。

なかなかいくチャンスはなさそうだけど、エコバッグは気になるなぁという方は、残念ながら国際配送はしてもらえませんが、オンラインショッピングのページもありますので、ご覧になってみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS