南インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」を東京で!ランチでも食べられるお店8選

南インド料理の「ビリヤニ」が、インド料理好きの方々の間で話題になっています。日本ではまだ珍しいビリヤニとは、どんな食べ物なのでしょうか?さらに今回は、都内でランチタイムにもビリヤニをいただけるお店を都内から8選、ご紹介します。

2018年1月28日 更新

8.印度家庭料理 レカ(西葛西)

インド人街と言われるほどインドの方が多く住んでいる西葛西にお店があります。人気のビリヤニは、単品メニュー(1,000円)の他にスペシャルセット(1,200円)があります。

南インドの家庭料理にこだわり、ナンは提供していません。強力粉を使うナンは消化しにくく、焼き窯のタンドールを持っている家庭は少ないので、インドの一般家庭ではナンはほとんど食卓に登らないそうです。
薄く円形に伸ばしてクレープ状に焼いたチャパティが食べられます。

店舗情報

住所:東京都江戸川区西葛西3-22-6-110 小島団地内商店街 1F
電話:03-5878-1896
営業時間:[火~土]11:30~15:00(LO)、18:30~21:00(LO)
定休日:日曜日・月曜日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13152763/
公式サイト:http://www.rekacorp.com/

インドのお米料理はいかがでしたか?
こうしていくつかのお店を比較してみると、ビリヤニだけでもお店ごとにかなり個性があることがわかります。食べくらべてみてはいかがでしょうか?
5 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう