ローディング中

Loading...

日本人の主食である白いご飯。買ったお米を、最後までおいしく食べていますか?精米後の劣化をなるべく防ぐには、お米の保存の仕方がとても重要です。お米の保存方法、目安となる保存期間、気をつけるべきポイントなど、まとめてご紹介します。

お米の正しい保存がおいしさを守る

おいしい白いご飯を食べると、日本人でよかった、なんて思いますよね。各地で様々な品種が作られており、最近ではネットで簡単にお気に入りのお米を購入することができます。

おいしいお米を手に入れたなら、ぜひ保存の仕方にも気をつけてみて!お米も生鮮食品のひとつ、鮮度でおいしさが決まります。おいしいご飯を食べるには、ご家庭での保存方法が重要なポイントになりますよ。

そこで、鮮度を維持する保存方法から、季節別の保存期間、注意点までまとめました。正しい方法や期間を知れば、いつものお米も最後までおいしく食べられるはず!ぜひチェックしてみてください。

お米の保存方法

保管場所は18度以下の涼しい場所

お米の鮮度を維持して保管するには、18度以下の直射日光が当たらない涼しい場所に置きましょう。気温が18度以上になると、お米に虫が発生する原因になります。また湿度が高い場所で保管すると、カビの発生にもつながってしまいます。

また購入してきたお米を米びつに入れ替え、キッチンの床やシンクの下に置いている場合は、保管場所を変更しましょう。キッチンの床やシンクの下は温度や湿度が高いため、キッチンの棚などにのせて、より風通しのよい場所へ移動させましょう。

ベストな保管場所は冷蔵庫の野菜室

直射日光を避け、高温多湿にならない場所であれば問題ないですが、より長く鮮度を保つには、冷蔵庫の野菜室に保管するのがベストです。

野菜室は約6度前後の温度帯になり、比較的涼しい場所(10度〜15度)と比較して、半分ほど温度が下がります。すると、保存期間が約2倍長くなり、鮮度を維持しながらおいしい状態を保つことができるのです。

季節ごとの保存期間

一度精米したお米はどうしても、鮮度や味が少しずつ落ちていきます。そこで常温で保存した場合の目安となる保存期間を、季節別にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

春と秋は1ヶ月

穏やかで過ごしやすい季節の春や秋は、1ヶ月が目安です。しかし、気温が18度を超える日もありますので、保管場所には十分注意してください。

冬は2ヶ月

寒さ厳しい冬の時期の保存期間が最も長く、2ヶ月です。気温が低く、湿度も下がるため、お米にとっては1番過ごしやすい時期ですね。

夏は2週間

夏は、最短の2週間。保存方法にも最も気を付けたい時期です。購入を小分けにすること、冷蔵庫の野菜室で保存することを心がけましょう。
保存期間が意外と早い!と感じた方も多いのではないでしょうか。この保存期間内で食べるには、一度に大量のお米を購入せず、家族構成と普段食べる分量に応じて、こまめに購入することがポイントです。野菜やお肉などのように、見た目から劣化を判断しづらいですが、お米も生鮮食品であることを頭に入れておいてくださいね。

もし農家の方、ご実家、親戚などから大量に送られてきた場合は、除湿剤を入れたり、防虫効果のある唐辛子を一緒に入れたりして保存しておくとよいでしょう。

保存する際の3つの注意点

1. 保存する際は、密閉性の高い保存容器を使いましょう。空気に触れることで酸化が進み、また乾燥することで割れやすくなり、味が落ちる原因になります。

2. 新しいお米を購入したら米びつなどに注ぎ足しをせず、残っているお米を使いきって、一度容器をきれいに洗いましょう。古い米ぬかやゴミなどがあると、虫が発生したり、新しいお米も劣化が早まったりしてしまいます。

3. お米はにおいを吸着しやすいため、におい移りには注意しましょう。しっかり密閉すること、においの強いもののそばに置かないことが重要です。ご家庭内のにおい、冷蔵庫内のにおい移りにも十分注意してください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ぶどう

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることもできます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際に…

炊き込みご飯

ごはんは、土鍋で炊くのが一番おいしいといわれています。つややかでふっくらとした味わいは、一度食べたらクセになるおいしさ。今回は、1合分の基本の炊き方から、おすすめの土鍋炊き込みご飯レシピ、おこげの作り方なども…

レシピ パスタ まとめ

独特のとろみと塩気がやみつきになる「なめたけ」ですが、みなさんはどんなレシピに活用されていますか?今回は自宅で簡単に作れる自家製なめたけのレシピをはじめ、麺類やおつまみにできるなめたけの使い方をご紹介。もちろ…

まとめて買ったり、たくさんもらったりすることもあるりんご、どんな風に保存していますか?せっかくのりんごを長持ちさせる保存方法をご紹介します。冷蔵庫や冷凍庫で保存したい場合のやり方や、りんごの賞味期限についても…

まとめ

チャーシューを作ったらぜひ試したいのが「チャーシュー丼」。簡単に作れる料理なので、ランチや手軽に食事を用意したいときにぴったりです。今回はタレの作り方を含めた基本のレシピと、人気のアレンジレシピをご紹介!おす…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ページTOPに戻る