尾道発のビーントゥバーチョコレート「ウシオチョコラトル」を知っていますか?

2014年、広島県尾道市に1軒のビーントゥバーがオープンしました。その名は「ウシオチョコラトル」。新鮮な作りたてのチョコレートが食べたい方にはぴったりの、自然の中にあるおしゃれなチョコレート工場へ、あなたも訪れてみませんか?

話題のビーントゥバーが尾道にも!

日本遺産に認定されたこともあり、ますます観光客が増えつつある尾道市で、話題のお店があるんです。そのお店とは、今メディアでも取り上げられることの多いビーントゥバーである、「ウシオチョコラトル」です。

山道を上がった先にあるのは、おしゃれな工場

ウシオチョコラトルのチョコレート工場があるのは、JR尾道駅(新尾道駅ではないので気をつけて!)の前から出ている駅前渡船に乗って渡る向島というところ。そのまま工場まで歩くのはかなり時間がかかってしまうので、遠方から来られる方は駅前でレンタサイクルを借りるか、タクシーもしくは自家用車で行くのがオススメです。ちなみに、自転車だとのんびり走って40分程度かかるそう。

無添加で新鮮なチョコレート

ウシオチョコラトルは、ビーントゥバーだけあり、カカオ豆の仕入れから製造、販売までを行っています。いろいろな添加物を入れたチョコレートではなく、カカオ豆と砂糖だけで作る、素材のおいしさをしっかりと感じられるものに仕上がっているのが特徴です。

出来たてのチョコレートが食べられる!

チョコレート工場では、もちろん出来たてのチョコレートの販売があります。種類は、紅茶とピーチのフレーバーの「ハイチ」、ほどよい酸味とフルーティーな香りが印象的な「ベトナム」、ビターチョコレートが好きな方向けの「ガーナ」、果実風味の「ホンジュラス」など。チョコレートという括りにありながらも、全て味が違うため、いろいろなものを食べ比べてみるのもおもしろいですよ!

来店は早い時間がおすすめ

ご紹介しているウシオチョコラトルですが、とても人気のある店のため、残念ながら閉店時間を待たずに完売してしまうこともあります。そういった場合には、工場以外でもウシオチョコラトルを扱っているカフェなどもありますので、そちらを訪れてみてもいいかもしれませんね!
販売している店舗ですが、尾道駅近くですと「れいこう堂」や「YAMANEKOMILL」などがありますので、もし工場で購入できなかった場合はお問い合わせしてみてくださいね。
作りたてのチョコレートの他、工場で作っているチョコレートを使ったホットチョコレートもオススメです。濃厚な味わいですが、甘ったるくはないので最後までおいしく飲んでいただけると思います。

尾道へ来た際には、ぜひ足を伸ばしてみて

人気の観光地、尾道にあるウシオチョコラトルのご紹介でした。ちょっぴり高価なチョコレートは、ご自分用はもちろん、尾道土産としてもぴったりです。ぜひ、この機会に尾道に、そしてウシオチョコラトルの工場へ訪れてみてくださいね。

店舗情報

住所:広島県尾道市向島町立花2200 立花自然活用村管理センター内
TEL:090-7391-1746
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日・水曜日
参考HP:http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340302/34020074/

特集

SPECIAL CONTENTS