米ぬかなしの簡単なゆで方

Photo by leiamama

米ぬかがないときは、米のとぎ汁で代用できます。生米を入れてゆでても米ぬかの代わりになりますが、無洗米はぬかがついていないのでNG!

たけのこ500gに対して、生米を大さじ3杯くらい入れてゆでます。ゆで方は米ぬかを使うときと同じ。ただし、必ず洗っていない生米を入れてくださいね。

そのほかのゆで方

圧力鍋を使う

圧力鍋でたけのこをゆでると、時間がかなり短縮できるので便利です。なお、米ぬかはふたの部分に詰まるおそれがあるため、米のとぎ汁を使うのがベスト。おもりがふれたら少しだけ振れるくらいの火加減で、ゆでる時間は15分くらいです。

重曹を使う

重曹(ベーキングパウダー)を使ってもあく抜きができますよ。水1リットルに対し、小さじ1杯の目安で重曹を入れ、沸騰させます。たけのこの皮はむいて、根元の硬い部分は少しカットし、半分に切って入れましょう。水が減ってきたらそのつど足して、30分弱火で煮てください。

ゆでたたけのこの保存方法

部位別に切り分ける

Photo by leiamama

ゆでたたけのこは「穂先」「中央」「根元」の3つに切り分けると、料理によって使い分けがしやすいですよ。「穂先」は垂直方向に、「中央」は繊維に沿って縦切り、「根元」は繊維を断ち切るように輪切りにするとそれぞれの食感を活かした調理ができます。

水につけて保存する

Photo by leiamama

たけのこは水をはった保存容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。水は毎日替えるのがポイント。なるべく4~5日で食べきりましょう。

たけのこを長持ちさせるコツ

ゆでたたけのこは水につける保存のほかに、薄味で炊いておくのがおすすめ! 刻んでから下味をつけておけば、炒め物やチャーハンなどにそのままアレンジできて日持ちもします。

編集部のおすすめ