表参道に登場したネオビストロ「アンドエクレ」。一度は行ってみたい!

ミシュランクオリティの料理を、もっと気軽に、いろんな人に楽しんでもらいたい。という思いから、スターシェフであるオリヴィエ・ロドリゲスが、青山にビストロをオープン。料理だけでなく、空間も楽しめる、とってもおしゃれなお店です。

スターシェフが青山にビストロをオープン

フランス、イタリアの数々の星付きレストランで修行を重ね、ついに「シグネチャー」のメインシェフに就任。そこでもまた星を獲得して、退任までその星を維持し続けたというオリヴィエ・ロドリゲス氏。

今までに培ったテクニックで、2015年7月、青山に「アンドエクレ」をオープンさせました。

今までよりもっと気軽に、老若男女問わずいろんな人に料理を楽しんでもらいたい、というコンセプトのもと、様々な料理がふるまわれています。
表参道駅から歩いて3分のところにある、「アンドエクレ」の店内に入ると、レンガや木製の家具など、居心地の良い空間が広がります。
実は、このお店の空間プロデュースはクリス・ウェブ・佳子さん。彼女の手がけた空間で、料理が食べられるというだけでも、なんだか嬉しいですね。
こちらは個室の様子。大切なひととのお食事の時に利用すると、会話も弾みそうです。店内は全部で48席。かなり広々としていて、席の間隔も近すぎないので、ゆっくりできそうです。

しかし、お店が大人気なので、ランチの時間帯にはたちまち満席になってしまうそうなので、確実に入りたい場合は、予約をしておくといいですよ。

コース料理がメイン

「アンドエクレ」は、コースメニューがメインです。

4品の「コースランチ」(¥3,800)と、5品の「シェフズセレクト」(¥4,800)の2コースから選ぶようになっています。それにプラスして、平日限定のセットや、週末限定のセットもあるようです。

ディナーになるとアラカルト(¥1,400〜)とコース(4品/¥4,800)が選べるようになっています。ディナーコースでも¥4,800から食べられるのは、嬉しいですよね。

代表料理「クーリシャス」とは?

お店の代表、そしてオリジナルの料理「クーリシャス」とは、いったいどんな料理なのでしょうか。

クーリシャスとは、旬の野菜をたっぷり使い、添加物や色素は一切使わず、野菜の色や味をそのまま生かしたソース「クーリ」と、お米とシリアルとを合わせた、ヘルシーで新感覚なメニューなんだそうです。

四季によって味が変わるので、その時々でもっともおいしい野菜を食べられるんですね。
代表料理「クーリシャス」とは?

アニス風味の赤米とチョリソー、ウイキョウのサラダに、フェネルのクーリ

こちらはあくまで一例ですが、コースの中に「クーリシャス」が入っている場合は、9種類くらいのクーリシャスの中から、好きなものを選べるんだそうです。

「アニス風味の赤米とチョリソー、ウイキョウのサラダに、フェネルのクーリ」は、全体のバランスが良く、赤米の食感がアクセントになって、クーリにもコクがあり、とてもおいしいそうですよ。

ほかにもおすすめ料理がたくさん

ほかにもおすすめ料理がたくさん

鴨胸肉のロースト & オレンジピールセモリナケーキ with ブラッドオレンジクーリ

こちらは、プリフィクスのコース(ディナー)のひと品です。やや硬めの肉質が、フォアグラのような香りがします。鴨に添えてあるセモリナケーキが柔らかく、鴨肉との対比を楽しめるんだとか。
ほかにもおすすめ料理がたくさん

クレームダンジュ & マンゴーのコンポート with ドラゴンフルーツクーリ

小さいオレンジと紫のドットが可愛らしい、こちらのスイーツは、やはり「クーリ」を使用したもの。クレームダンジュの甘さに、マンゴーの酸味がとてもよく合うのだそうです。

コースの最後までおいしい。これなら会話も弾みますね。
初めて訪れるなら、ディナーのアラカルトからでも良さそうですね。気軽に星付きシェフの味を楽しめる。最高の行きつけになること、間違いなしですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう