バター風味豊かで絶品!「キイロイトリのマカロン」のレシピ

リラックマの仲間、ちょこんと一緒にいる「キイロイトリ」のマカロン。レモンの果汁や皮も使ってさわやかでバターの風味もたまらない味わいです。いつも素敵なレシピを投稿している『Bento Mosters』さんのレシピからご紹介。贈り物にも最適。

「キイロイトリのマカロン」のレシピ

材料

アーモンドプードル…80g
粉砂糖…160g
卵白…60g(あらかじめ、24時間前に卵黄と分離しておく)
食用色素・黄色とオレンジ…適量

【バタークリーム】
卵白…60g
バター…110g(室温に戻します)
粉砂糖…110g
レモン果汁…大さじ2杯
レモンの皮…大さじ1杯

調理方法

1、粉砂糖は80g分、アーモンドプードルと一緒に2回ふるいにかけます。この作業はフードプロセッサーで代用もできます。

2、卵白はハンドミキサーで低速~中速で泡立つまで撹拌し、ふるいにかけた粉砂糖は3回に分けて混ぜましょう。ハンドミキサーで高速に変えて角がたつまで撹拌します。濃厚な味がお好みだったら、さらに撹拌を続けてしっかりと角がたつまでにします。

3、つまようじを使って黄色の食用色素を入れ、生地に混ぜます。さらに粉砂糖とアーモンドプードルも2回に分けて卵白の中に入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜます。
4、その中から大さじ3杯分を取り出して、つまようじで食用色素のオレンジを混ぜ、しぼり袋に入れます。

5、残りの黄色の生地も別のしぼり袋に入れます。小さい円を、非粘着性のベーキングシートの上に作っていきます。気泡が入りそうなときはつまようじでそっとつぶしましょう。

6、オレンジの生地もしぼり、くちばしをつけます。室温でそのまま30分乾燥させます。
7、オーブンは150度に予熱し、まん中の段にセットしてマカロンを12~15分焼きますが、焼きあがる5分前に上に空の天板をセットして焼き続けましょう。これでマカロンがこげるのを防ぎます。焼き終わっても、すぐにトレイから取り出さずに冷ましてからにしましょう。

8、バタークリームのフィリングを作ります。レモンの皮をすりおろしていったん置き、卵白と粉砂糖は泡立て器で湯せんしながら混ぜ、砂糖が溶けたら湯せんするのをやめます。
9、ハンドミキサーで高速で角がたつまで撹拌します。スピードをゆるめて、少しづつバターをくわえ、よく混ぜます。

10、レモンの皮と果汁を混ぜ、しぼり袋に入れて、15分冷蔵庫で寝かせてからマカロンの上にしぼりましょう。

11、チョコペンなど黒い食用のペンを使ってキイロイトリの顔を描きます。
レモンの酸味もさわやかでかわいいキイロイトリのマカロン、あなたもぜひ作りませんか?最後に追記で、Bento Monsterさんが書かれていることがあります。

1、材料はきちんと計測して正確に準備すること
2、卵白はマカロンを作る前の日の晩に分離させ、ボウルに入れラップをかけて室温でおいておくこと
3、卵白の角がたつように撹拌するには、ハンドミキサーが乾いたきれいな状態であること
4、生地は焼く前に少なくとも30分はおいてから

以上アドバイスを参考にどうぞ。翌日のほうがよりおいしくなるとのことですから、一日おいてまた味わってくださいね!
今回ご紹介したレシピはこちら
Bento MostersさんのSNSもぜひチェックを!

特集

SPECIAL CONTENTS