ローディング中

Loading...

さまざまな健康効果をもっている豆乳ですが、じつは飲みすぎに注意が必要なんです!今回は豆乳の有効成分「大豆イソフラボン」に注目し、その効果や飲みすぎると起こる影響、1日の目安の摂取量についてまとめました。あなたも豆乳と上手に付き合いましょう。

大豆イソフラボンとは

豆乳の美容・健康効果の中心となる成分は、大豆イソフラボンです。この成分は「エストロゲン」という女性ホルモンとよく似た化学構造を持っており、それと近い働きをすることで注目されています。

私たちは加齢とともに女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が減少します。それにともなって更年期障害とよばれる体や心のトラブルがみられます。大豆イソフラボンはそれを予防してくれる効果が期待されています。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンの特徴は、大豆イソフラボン「エストロゲン」とよく似た働きを持つことです。それによってさまざまな美容・健康効果が見込めます。

たとえば、肌のハリや弾力を保ったり、シミやしわを防ぐ美肌作用が有名です。また、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動から起こる「月経前症候群(PMS)」の予防・改善にも、大豆イソフラボンは役立つでしょう。

また、骨の形成を促進するエストロゲンの働きを助け、骨粗鬆症の予防をサポートします。骨粗鬆症は閉経後の女性に多く見られる症状ですが、食生活の乱れ、過度なダイエットなどにより、若い女性にも増えています。そのため、若い女性にとっても、大豆イソフラボンの作用が必要とされるのです。
▼イソフラボンのより詳しい効果については、macaroniの以下の記事をご覧ください

大豆イソフラボンの摂りすぎには注意!

以上のように、大豆イソフラボンは、特に女性にとって嬉しい効果を多数持っている成分です。とはいえ、効果を期待しすぎるあまり、豆乳をゴクゴクとたくさん飲めば、逆効果になってしまうことをご存じでしょうか?そのことをお伝えするためには、まず、先ほどから何度も名前が出ている「エストロゲン」と「プロゲステロン」の働きについて、いま一度、ご紹介する必要があります。

エストロゲンとプロゲステロン

女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンの働きによって調整されています。エストロゲンは「女性らしい体作り」や「自律神経」、「皮膚や脳の働き」に関わっているといわれ、このホルモンが多く分泌されていると、基礎体温が下がります。

そしてプロゲステロンは、「受精卵が着床しやすいように子宮内をやわらかくする」、「基礎体温を上げる」といった作用を持っています。このふたつのホルモンが、一定周期のなかで正常に分泌量のバランスを変えていると、基礎体温もきれいな変動曲線を描き、生理や妊娠、出産などが可能になるんです。ホルモンバランスが整っている、と言い換えてもよいでしょう。

では、大豆イソフラボンを摂りすぎると、どのようなことが体内で起こり、どんな症状を引き起こしかねないのでしょうか。

摂りすぎで引き起こされる症状とは?

月経不順

たとえば、大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするため、摂りすぎると体が「エストロゲンが過剰に出ているな」と勘違いして、体から分泌されているエストロゲンを減らし、その代わりにプロゲステロンの分泌を増やしてしまうといわれています。ふたつのホルモンのバランスが崩れてしまうため、先に述べた月経前症候群の症状がむしろ重くなってしまったり、月経不順を起こす原因になりかねないのです。

子宮内膜増殖症

閉経後の女性を対象に、ある長期試験がおこなわれました。試験では、大豆イソフラボンの錠剤(150mg/日)を5年間服用してもらい、摂取した群とプラセボ群を比較しました。30カ月の段階で有意な差は見られませんでしたが、60カ月後に改めて調べると、摂取群に子宮内膜増殖症の発症が有意に高くなる、という報告があったそうです。

胃腸の不調

大豆イソフラボンは、消化があまりよくないといいます。そのため、胃腸などの消化器系に不調を起こす場合があります。胃のムカつき、胸やけ、胃痛の原因になるかもしれないので、注意しましょう。

乳がんの発症と再発リスク

日本の食品安全委員会は、大豆イソフラボンを過剰摂取すると乳がんを引き起こす可能性がある、という趣旨の発表をおこなっています。ただし、適量を摂取すれば逆に乳がんのリスクを下げる、という報告もあることから、大豆イソフラボンの摂りすぎがいかによくないかおわかりになるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

なめらかソースのコツ3つ!簡単クリームパスタレシピ16選

レシピ パスタ

定番のカルボナーラを始め人気のクリームパスタ。牛乳や生クリームを使うレシピはちょっと難しい印象をもっている人もいるのでは?固まりやすいクリームパスタを上手に作るコツや、ほうれん草やツナを使った人気レシピもたく…

ヘルシーな「豆乳グラタン」のレシピ15選!+味噌でコク増し増し♩

グラタン まとめ

通常、グラタンは生クリームや牛乳で作りますが、今回ご紹介するのは「豆乳」を使ったグラタンレシピ。さっぱりとヘルシーに仕上がる豆乳グラタンの人気レシピをマスターして、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね♩

「みたらし団子 豆乳」爆誕!香ばしさあと引く甘じょっぱ味

ドリンク

2017年8月21日(月)、みたらし団子味の豆乳が発売されました!キッコーマンの醤油を使っているんだとか。醤油が入った豆乳って、どんな味なんでしょうか?SNSで自慢したくなりそうなパッケージや味わいを、実食レ…

サラダやスイーツにも!大豆を使ったレシピ25選

レシピ 和食 スイーツ サラダ スープ まとめ

大豆というと、五目豆などの煮物を連想しがち。しかし、実は洋食やスープ、スイーツにも使える万能食材なんです。今回は、幅広いジャンルの大豆レシピをご紹介します。乾燥大豆を戻す手間がない、水煮大豆を使う簡単なレシピ…

豆乳パスタのレシピ20選!カルボナーラもスープスパもヘルシー♩

パスタ まとめ

生クリームや牛乳を使わなくても、クリームパスタは作れるんです!今回は、豆乳を使ったパスタのレシピを20選ご紹介。定番のカルボナーラやスープパスタなど、一度は試してみたい魅力あるレシピが勢ぞろいですよ♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

甘いものが苦手な人におすすめなお菓子5選!プレゼントにも使える♪

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

知っておくと便利!味が長持ちするキッチンライフハック22選

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

覚えておこう!美肌に効果的な食べ物まとめ

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

甘酸っぱくて香り華やか!「みかんケーキ」で皮まで丸ごと大量消費!

みかん ケーキ レシピ フルーツ スイーツ

こたつのお供であり、冬のフルーツといえばのみかん。今回ご紹介するのは、そんなみかんを大胆に使って作る「みかんケーキ」のレシピです。みかんそのものの味を丸ごと味わうことができるので、みかん好きを自認するならこれ…

苺好きへ贈る!2017年、東京で「いちごビュッフェ」が楽しめるお店7選!

いちご スイーツ ビュッフェ 東京 ホテル まとめ

苺がフルーツの中でいちばん好き!という方も多いのではないでしょうか。いちごのスイーツが好きなだけ食べられたらとても幸せですよね。今回はそんな願いに応えるべく、ヒルトンを始め東京でいちごビュッフェを楽しめるお店…

モンブランが絶品!難波『サロン・ド・テ・アルション』に芸能人も夢中

ケーキ スイーツ カフェ

大阪・難波にある「サロン・ド・テ・アルション法善寺本店」で人気のモンブランをご存じでしょうか。紅茶とケーキがおいしいオシャレなカフェが出すモンブランは、片岡愛之助さんを始めとした芸能人も絶賛しているんだとか!…

ページTOPに戻る