ローディング中

Loading...

乾燥させることで、体を温める作用がグッと高まると最近人気の「乾燥生姜」。慢性的な冷え性の人、ダイエットしたい人、美肌作りに役立てたい人におすすめの生姜活用法です。効能や作り方について詳しくまとめました。

乾燥生姜で冷えを取る!

冷え性は、冬の寒い時期に限ったことではありません。昼夜の寒暖差が激しい春でも、エアコンがガンガンに効いた夏でも、慢性的な冷え性の人にとってはつらい時期ですよね。体を冷やす要素は、一年中あるといっても過言ではないんです。

冷え性の人がよく活用する食材に、「生姜」があります。お湯で割って飲んだり、紅茶に入れたり、食事に加えたり、さまざまな使い方ができますよね。でも、体を温める作用を実感したければ、「生」ではなく、乾燥したものを用いたほうがよいのをご存じですか?

今回は、生姜の基本的な効能から、「乾燥生姜」のメリットや作り方まで、詳しくご紹介します。

乾燥させると効能アップ

生姜は漢方で最もよく使われる食品(成分)の一つです。漢方薬として使う際には、生の生姜を「生姜(ショウキョウ)」(以下ショウキョウ)、一度蒸してから乾燥させたものを「乾姜(カンキョウ)」(以下カンキョウ)と呼び、使い分けています。ショウキョウとカンキョウでは、その効能に違いがあるといわれているからです。

漢方の世界では、生薬の性質ごとに「大熱」、「温」、「微温」、「平」、「微寒」、「寒」、「大寒」と分類します。「大寒」だから悪い、という意味ではなく、その人の体質を見ながら取り入れて、体内のバランスを取るんです。

生の生姜であるショウキョウは「微温」性で、体の表面を温める作用があります。たとえば、初期の風邪のときに使われる葛根湯(かっこんとう)は、「風邪が表面にある」という東洋医学的な考え方から、ショウキョウが配合されています。発汗作用で熱を下げる効能もショウキョウの特徴です。

それに対して、手足の冷えから来る下痢の症状に用いられる人参湯(にんじんとう)には、乾燥させた生姜であるカンキョウが使われています。カンキョウは「大熱」性で、温める作用も持続力も強く、体の奥のほうの冷えを取ってくれるからです。

ここからわかるように、もし冷え性の改善を期待して日頃から生姜を活用する場合、生ではなく、乾燥したものが向いているんですよ。

なぜ効能が変わるの?

生の生姜にはジンゲロールという成分が豊富で、これが先ほど述べた発汗・解熱作用に役立ってくれます。一方で生姜を加熱したり、乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールは代謝をアップさせて血流を促し、体を芯から温めてくれます。冷え性には乾燥生姜がよい、という理由も、このメカニズムから来ています。また、代謝アップはダイエットや美肌作りに欠かせない効能ですから、やせたい、きれいになりたい、という目的でも乾燥生姜は大いに役立つはずですよ。

乾燥生姜の作り方

天日干し

①皮がついたままの生姜をよく洗って、汚れを落とす。汚れが取れないところは包丁で削ぎ落とす。
②皮ごと1㎜程度にスライスする。
③ザルなどに一枚ずつ並べる。
④天日で1〜2日干せば完成。

陰干し

①皮がついたままの生姜をよく洗って、汚れを落とす。汚れが取れないところは包丁で削ぎ落とす。
②皮ごと1㎜程度にスライスする。
③ザルなどに一枚ずつ並べる。
④室内で干す場合、数日かかります。カビないように注意しましょう。また、ヒーターの前に置いておくと、1日で乾燥します。

摂取のポイント

出来上がりを判断するコツは、指でポキポキ折れるかどうか、です。密閉容器で保存し、1日10g(スライスならば6枚程度)を目安に摂るようにしましょう。

摂取する時間帯は決まっていませんが、冷えを感じたときに摂ると、体が少しずつポカポカしてくるはずです。味噌汁やスープ、ポタージュなど汁物の調味料に、紅茶に加えて冷え取り健康法の定番「生姜紅茶」に、生姜焼きの味付けなど、使い方は自由自在。特に、汁物のアクセントによく合うようです。
Amazonでも手軽に使える「乾燥生姜」の粉末が販売されています。ご興味がありましたらチェックしてみてください!
摂取のポイント

出典:www.amazon.co.jp

高知県産乾燥粉末しょうが(ウルトラ生姜)パウダー100g「殺菌蒸し工程 1cc計量スプーン入り」

¥1155

Amazonで購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パスタ レシピ まとめ

和風パスタの代表格、大葉(しそ)パスタ。お好みのパスタに大葉を散らすだけでおいしくできますが、おすすめのレシピはまだまだたくさん。梅やじゃこが入った人気のものから、バターを使った作り方まで、気になるレシピが、…

豚肉 まとめ

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気の…

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

ハロウィン まとめ

もうすぐハロウィン♩飾りつけだけでなく、食欲の秋も満たしたいですよね。身近なコンビニでもハロウィン商戦が始まっています。中でもローソンのハロウィン商品は注目です。見た目の可愛さはもちろん、おいしいローソンのハ…

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ページTOPに戻る