ライター : mamaPRESS

お弁当のお供にいかが?

子どものお弁当だけでなく、パパや自分の分も一緒に作っているママも多いですよね。 そんなとき、ふりかけや調味料を入れたいけれど、毎回カップやチューブタイプの入れ物を用意するのはめんどう…と感じていませんか? そこで、持ち運びに便利で、思わず「なにそれ!?」と話題になりそうな携帯調味料入れを紹介したいと思います。

三島の『ゆかりペンスタイル』

三島食品といえば、鮮やかな紫色のパッケージでお馴染みの”ゆかり”で有名です。そんな”ゆかり”が、ペン型のふりかけとして販売されているのはご存知ですか? 実はこの商品、焼酎にゆかりを入れて飲むのが大好きな三島食品の社長が、いつも持ち歩いていたのが始まりなんだとか。 今ではネットで口コミが広がり、品切れが続出するほど人気になっています。一見すると普通のペンにしか見えませんが、ランチタイムにサッと取り出してふりかければ、話題になること間違いなし♩ 1本500円と価格がとてもリーズナブルな上、詰め替えも可能なので何度でも繰り返し使えます。

ライトマイファイヤーの『スパイスボックス』

本来はアウトドア用品として使われる『スパイスボックス』ですが、数種類の調味料を一緒に持ち運べるため、お弁当にもおすすめなんです。 七味唐辛子やハーブなど3種類入れることが可能で、おかずにアクセントが欲しいときにも重宝します。 スタイリッシュな見た目に加え、手のひらサイズでとても使いやすく、赤・緑・黒などカラーも豊富。3種類も入れるものがない!  というときは、スパイスだけではなくふりかけ入れとしても使えますよ。

セイエイの『ちょいかけスプレー』

お弁当と一緒に入っている醤油を、掛け過ぎてしまった、こぼしてシミになってしまった…なんて経験ありませんか?  そんな悩みを解決してくれるのが、シュッとひと吹きできる『ちょいかけスプレー』。 テレビでも紹介されたこの商品は、ワンプッシュ0.1ccずつ噴き出されるので、自分好みの量に調節できるんです。 塩分の摂りすぎが気になるパパやママにとっても、うれしいアイテムですよね。お弁当だけではなく、自宅で焼き魚や冷奴に吹きかけたりと、さまざまな場面で活躍しますので、一本あるだけでとても便利です。 最近ではさまざまなタイプの調味料入れがありますが、今回はその中でも一風変わったものをご紹介しました。 こんな楽しい携帯調味料入れがあれば話題になり、一層トークに花が咲きそうですね。調味料入れとしての機能もしっかりと果たしてくれますので、香りが飛んでしまったり味が移ってしまうのが嫌な場合にも、活用してみてください♩
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ