32. ボリューム満点。そら豆のバターしょうゆパスタ

豚肉とにんにくの旨味とコクが味わえるパスタ。バターしょうゆの芳ばしい香りとそら豆は、意外な相性のよさをみせてくれます。味がしっかりして、食べ応えがあるので、食べ盛りの子供や男性もお腹いっぱいになること間違いないひと品です。

33. 濃厚!そら豆のクリームパスタ

そら豆はクリーム系のパスタとも相性がいいんです。作るのがむずかしそうなイメージのあるクリームソースは、具材を炒めたフライパンに小麦粉や牛乳を加えるのでとても簡単。そら豆の食感に負けないように、太めの生パスタで作るとおいしく仕上がりますよ。

34. スープの素で味付け。そら豆のリゾット

そら豆の緑色とベーコンのピンク色が華やかな印象のリゾット。ポイントは、味付けに顆粒コーンスープの素を使うことです。食材と調味料を順に合わせればできあがるので、リゾットを作ったことがない人も簡単に作れますよ。

35. 酸味が食欲そそる。そら豆と梅の混ぜ込みごはん

炊きたてのアツアツごはんに、そら豆と梅干しを混ぜ込むひと品。梅干しのさっぱりした酸味がアクセントで、暑い日に食べたくなる味です。おかずが少ない日でも、この混ぜごはんがあれば食べ応えのある献立のできあがり。おかわり必須のおいしさです。

36. もちホク食感。そら豆の簡単炊き込みごはん

もっちりしたもち米とホクホクのそら豆の食感が絶品の炊き込みごはんです。そら豆を軽く塩ゆでして炊飯器に入れたら、あとはスイッチを入れて待ちましょう。薄味なのでいろいろなおかずと合わせやすいですよ。

37. お弁当で食べたい。そら豆のおむすび

お弁当にそら豆のおにぎりはいかがですか?そら豆を下ゆでし、オリーブオイルと塩で味付けしておにぎりにすると、洋風なのにどこか懐かしさを感じます。ごはんと混ぜて少しそら豆が崩れるのもおいしさアップの秘訣。家族のお弁当にしたら、よろこんでもらえそうですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ