渋谷「ネパリコ」は、本格的なネパール料理が食べられるお店

ネパール料理といえばカレー、と思っていませんか?実は、ネパールの家庭的な料理は「ダルバート」というものなんです。カレーとはちょっと違った、本格ネパール料理が食べたいひと、必見ですよ。

渋谷のリアルネパールフード店

ネパールの家庭料理を味わえると評判の「ネパリコ」。ネパールの写真や雑貨に囲まれた、異国情緒溢れる店内で、素材の味を活かした、ヘルシーフードが食べられます。

「JR渋谷駅」西口をお降りたら歩いて5分。セルリアンタワーの裏の路地にあります。外観からして、まさにネパール料理のお店!といった感じの、アジアンリゾート感溢れる作りに成っています。

店内に入ると、22席ほどの程良い広さのお店。カウンターも4席あり、ランチに一人で行くこともできます。

そして、店内がとってもかわいいんです。天井にかけられている小さな旗や、アジアンチックなランプシェード、壁にはネパールの絵がかけられていて、こんなおうちに住みたい。と思うほど、おしゃれで居心地が良さそう。
ランチの11時半から営業が始まり、23時まで営業しているので、仕事帰りに同僚と、ちょっと変わったディナーをとるのもアリですね。

お酒はありますが、店内は全面禁煙なので、お気をつけください。

本格的なネパール料理を紹介

ランチ「日替わりカレー」(¥875)

画像は、チキンとキノコのカレーです。ランチタイムには、メインのカレーにサラダとチャイが付いてきます。これで渋谷で¥1,000以下なら、とてもお得ですよね。

カレーは、好みの辛さを聞いてくれるので、辛いのが好きな人も、そうでない人にも対応してくれますよ。日本のカレーとはちょっと異なる、インドカレーと中東のカレーを合わせたような味だそうです。
「ダルバート ノンベジ」(¥1,500)

こちらはディナータイムのメニューです。「ダルバート」というのは、ネパールの人が日常的に食べているスープとご飯の定食のことで、実はカレーよりも、このダルバートの方がネパールの家庭料理としては一般的です。

ネパールへ行ったことのある人は、「コレコレ!」と思うかもしれませんね。とろみのある優しい味だそうです。
「モモ」(¥600)

ネパールのソウルフードといえば、この「モモ」です。ネパール風の蒸餃子のようなもので、中には肉や野菜の餡が入っていて、それを「ネパリコ」オリジナルのゴマの香りが効いたオリジナルソースをつけて食べるというものです。

しっかりした食べ応えで、複数名できた時に注文すると、みんなで楽しめるひと皿になりそうですね。
「パトマスサデコ」(¥500)

辛さはなく、どちらかというと酸味のある豆のサラダです。ぽりぽりとした大豆の歯ごたえがクセになるサラダだそうです。
「ネパール風うどん」

細めで平たい、フォーのような麺。ほんのりカレー味のするスープ、そしてさっぱりした鶏肉。これがクセになる味で、また食べたくなるんだとか。ランチにさっぱりだけど、しっかり食べたい時は、これに決まりですね。
アジアン部ブームが広がる中、ネパールというちょっとニッチな国の料理で、いつものアジアン料理に変化をもたらしてみませんか?

店舗情報

住所:東京都渋谷区桜丘町30-18 メイサ南平台 1F
電話番号:03-6416-1827 
営業時間:ランチ 11:30~15:00
ディナー18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜・祝日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13116418/

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう