新宿「コヴァ新宿タカシマヤ」で本場仕込みのドルチェとコーヒーを

新宿でコーヒーを飲みたくなったとき、真っ先に行きたいお店があります。新宿タカシマヤ3階にある「コヴァ新宿タカシマヤ」。本場仕込みのバリスタが淹れるエスプレッソやカプチーノ、人気の高いドルチェなら、味にうるさいあなたでもきっと満足できるはず。

2016年3月18日 更新

ミラノの著名人が愛した味と香りを新宿で!

「カフェ コヴァ( CAFE COVA)」といえば、創業1817年、かつてはさまざまな著名人が足を運び、政治や文学についての話に花を咲かせたという、イタリア・ミラノの歴史あるカフェ。

往時の利用者には、「赤と黒」を記したスタンダール、19世紀最大のオペラ作曲家であるヴェルディ、「老人と海」を書いたヘミングウェイなども含まれるといいます。

中でもヘミングウェイは、その作品のひとつ「武器よさらば」に何度もコヴァを登場させており、彼にとってどれだけ思い入れのある場所だったかがわかります。
JR新宿駅のサザンテラス口から徒歩5分、新宿タカシマヤの3階にある「コヴァ新宿タカシマヤ」は、そんな老舗カフェが国内につくった3店舗のうちのひとつです(新宿のほか、東京・丸の内、名古屋に店舗があります)。
その魅力は……挙げはじめたらキリがないというくらいたくさんありますが、ここへ行くなら絶対試してほしいと思うのがコーヒー。ミラノのお店で学んだバリスタが常駐しているこちらでは、定番のエスプレッソからカプチーノまで、本場の味と香りを楽しませてもらえるのです。

もちろん、豆にはかなりのこだわりがあるらしく、使われているのはミラノから定温コンテナで特別空輸したものだけ。その豆をじっくりと時間をかけて深煎りすることで、凝縮された旨味と上品な苦味を実現しています。

貴族のサロンのようにラグジュアリーな店内

お店の中は、カフェというよりどこかの貴族の邸宅にあるサロンのよう。ひと目で高級品だとわかるイスやテーブル、その他のインテリアは、どれもコヴァ本店から取り寄せたものだそうで、新宿にいながらにして、遠くミラノにある老舗カフェの雰囲気を感じられます。

伝統のレシピで作られるドルチェも魅力的

コーヒーを飲むとなれば、一緒に楽しみたいのがドルチェ。

コヴァ新宿タカシマヤのメニューには、アップルパイ、ティラミス、フルーツタルトなど、アフタヌーンティーにもってこいなさまざまなドルチェがそろっています。

中でも、厳選された材料を使い、伝統のレシピで作られるチョコレートケーキ「サケル」単品 864円は、同店の代表的なメニューのひとつ。その風味は驚くほど濃厚で、ひと口でトリコになること間違いなし!と自信をもっておすすめできますよ。

また、いろいろ試したくてひとつにしぼりきれないという方は、小さなカットケーキ3種とドリンクのセット、「Dolce Misto(ドルチェミスト)」1,696円をぜひ。飲み物はエスプレッソ、アメリカーノ、紅茶、アイスコーヒー、アイスティの中から選べるので、お好きなものを注文してください。

ドルチェ+ドリンクが付くランチセットも

ほかにも評判の良いメニューはたくさんあります。例えば、ハムととろけるチーズをはさんでカリッと焼かれたクロックムッシュ1,361円は、野菜もたっぷりでヘルシー。追加料金を払えば、サラダやスープ、ドリンク、ドルチェもつけられます。


新宿でのショッピングで歩き通したあと、「どこかで休みたいな〜」なんて思ったときには、ぜひこのカフェの存在を思い出してくださいね!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ushi3

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう