いま「横丁女子」が急増中!気軽に楽しめる都内三大横丁をご紹介

いま20代〜30代の女性の間で、横丁で気軽にお酒を楽しむ「横丁女子」が増えています。気軽にお酒が楽しめて、知らない人とも意気投合して乾杯してしまうようなアットホームな空間が横丁の魅力。そこで今回は東京の三大おすすめ横丁をご紹介します。

1. 恵比寿横丁

恵比寿駅から徒歩2分にある「恵比寿横丁」は、わいわいと賑やかでありながらも何処かおしゃれな雰囲気を醸しだしているのが特徴。横丁デビューをするのには持ってこいの入りやすさです。

また恵比寿横丁では「流し」の方がいるのも魅力のひとつ。流しとは、ギターやアコーディオンなどを抱えて、飲み屋さんでお客のリクエストに応じて音楽を弾く方のことなのですが、なかなか珍しいですよね。

ビストロ ママン

大衆酒場のようなお店が立ち並ぶなか、おしゃれで洗練された内装でフレンチ兼イタリアンを提供しています。その入りやすさから、横丁初心者の方におすすめのお店。

種類豊富にそろえてあるワインをおともに、本格的な料理が500円前後でいただけます。
とくに名物の鶏白レバーペーストは、ぜひ注文しておきたいひと品。
お店の方が「おいしくなければお代はいりません」と仰るほど自信を持っているメニューだとか。
【店舗情報】
住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-2 エビスオークビル2 1F(恵比寿横丁)
電話番号:03-5420-8989
営業時間;17:00~翌3:00(L.O.翌2:30)
     夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
定休日:不定休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13160640/

肉寿司・恵比寿横丁店

恵比寿横丁でいちばん人気の呼び声も高いお店、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
肉寿司・恵比寿横丁店

肉寿司の盛り合わせ

こちらのお店で有名な生の馬肉が乗ったお寿司は、ほとんどの方が頼まれるようです。
お店いちおしのメニュー「牛のさしとろ」は、迫力満点の大きさで500円とお手頃価格。
お肉を目の前で炙るパフォーマンスによって、食欲がより一層そそられます。とろけるような牛肉の味わいを黒胡椒のぴり辛さで締めています。にんにく醤油としょうが醤油、どちらをつけても期待を裏切らないおいしさ。
「これを食べなきゃ肉寿司に来た意味がない」とお客さんを言わしめるほどの魅惑の味をあなたもぜひ味わってみてはいかがでしょうか。
【店舗情報】
電話:03-3444-7005
住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-4 第一協栄ビル1F(恵比寿横丁内)
営業時間:[月〜土]17:00~翌5:00
     [日・祝祭日]17:00〜23:00
      夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業
定休日:不定休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13109981/

2. 渋谷肉横丁

渋谷センター街にある「渋谷肉横丁」は、日本最大の広さを誇る横丁。合計24店舗あり、全店舗がお肉を取り扱ったお店なので、肉食女子にはたまりません。こちらもまた、連日多くのお客さんで溢れかえっているので、とくに週末は予約していくことをおすすめします。

とりビアー

店名の通り、鶏肉とビールを売りにしたお店。
こちらでは宮崎県産若鶏のみを使用しており、自然のままの肥料で育てられた鶏の強いうまみを感じられます。また産地直送のフレッシュな野菜を提供しているのも女性にとってうれしいポイント。

TVや雑誌などのメディアでも数多く取り上げられており、人気のお店です。
とりビアー

特大もも焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう