新スタイル。相模屋から朝専用の豆腐「とうふで、グラノーラ。」が新発売

カルビーのフルグラとコラボ!「ザクとうふ」などで話題になった「相模屋」から、朝専用の豆腐「とうふで、グラノーラ。」が新登場。おぼろとうふのような食感の豆腐とフルグラを合わせ、ヨーグルト感覚で食べられる新スタイルの商品です。

フルグラと豆腐の革命児が夢のコラボ

「マスカルポーネのようなナチュラルなとうふ」や「ザクとうふ」などで話題になった「相模屋」から、カルビーのフルグラとコラボレーションした、朝専用の豆腐「とうふで、グラノーラ。」が新発売。3月11日(金)からマルエツにて先行販売が開始されます。

「とうふで、グラノーラ。」は、ヨーグルト感覚で食べられる新商品。おぼろとうふのような存在感のある食感を表現し、濃厚な豆乳を加えることで「フルグラ」と一緒に食べたときに、ヘルシー感が体感できるように仕立てられています。

販売価格は298円(税込)

グラノーラ×豆腐は「ロカボ食」としてもバッチリ

糖質制限のトップドクター山田悟先生が、新しい食事法として「ロカボ」を提唱しています。この「ロカボ食」とは、1回の食事で摂る糖質を20〜40gにするような緩やかな糖質制限食のこと。

糖質が多い米、小麦、麺類、大豆以外の豆類、芋類、 果物、菓子を抑え、糖質が少ない肉、魚、大豆、芋類以外の野菜と、血糖値上昇を抑制する食物繊維を多く含む食材を積極的に摂ることをおすすめしています。

その点で、グラノーラと大豆の加工食品である豆腐の組合せはバッチリなんだとか。グラノーラは1食50g分で糖質量31.6g、豆腐200gと合わせても35gとロカボの基準内で、さらに食物繊維も4.5gと豊富に含まれているので、ダイエットの置き換えメニューとしてもぴったりのひと品です。
手軽に食べられるうえに、栄養もばっちりな「とうふで、グラノーラ。」。新しい朝の食卓スタイルとして、これを機に豆腐を取り入れてみてはいかが?

特集

SPECIAL CONTENTS