おむすびで日本を“むすぶ”。出張専門店「山角や」は神出鬼没のおむすび屋さん

お米を食べる国はアジアにもたくさんありますが、おむすびは日本が世界に誇れる代表食ですよね。「山角や」は、「おむすびスタンド」として、店舗はなく、いろんなところに出張して、日本ならではの食材でおむすびをつくってくれる心温まるお店なんです。

やっぱりおむすびとお味噌汁が一番

遠くは宮古島から都内の目黒などなど、日本中の様々なところへ出張して、オーダーメイドのおむすびを握ってくれる「山角や」。

昔ながらの海苔で巻いた「塩むすび」があったかと思いきや、「海老アボカド」や、「ジェノベーゼチーズ」なんていう今風のものまで、ラインナップは多岐にわたります。
今回は、そんなお米好き男子で構成されたユニット「山角や」を詳しく紹介します。

固定の店舗を持たないことがポリシー

「山角や」は、固定のお店がありません。いつも移動式オーダーメイドがポリシーで、商品は手作りのものを扱うようにしているそうです。
公式HPで、イベントや催事の出店予定が知らされ、それを見ていくか、もしくは「山角や」にメールを送ってケータリングしに来てもらいます。デリバリーは対応していないそうなので、注意してくださいね。

バラエティ豊かなおむすびのラインナップを一部紹介

「鮭の皮パリ」

パリパリに焼けた鮭の皮が大好きなひと、必食のおむすび。鮭の皮がおむすびの外側に巻いてあります。そして、おむすびにはシャケが混ぜてあるので、朝ごはんのようにさっぱりといけそうなおむすびですね。

「オムおむすび」

男性ユニットが考えたというのも納得な、男性人気の高そうなメニューですね。オムライスのようのおむすびです、オーダーメイド式なので、なかの具材は、明太子や大葉などお好みで変えられるそうです。

「トムヤム豚パクチー」

アジアン料理が大好きなひとにピッタリ。パクチー好きにも最適ですね。辛めの味付けなのだそうで、夏にも良さそうです。

「海老とアボカド」

アメリカのお寿司では「カリフォルニアロール」と言って海老とアボカドが巻かれたお寿司が人気ですよね。それの逆輸入&日本アレンジバージョンといった感じでしょうか。食感が楽しい、洋食風のおむすびです。

「もじゃ」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう