ワインがすすむ!パン屋さんが教える「ビストロ風オープンサンド」のレシピ

最近、イートインでお酒とのマリアージュを提案するパン屋さんが人気なことご存知ですか?そこで今回は、ワインがどんどんすすむおつまみサンドイッチレシピを、カフェ併設の店で食べ方を含めてパンの楽しさを提案するグリオットさんに教えてもらいました。

2016年2月29日 更新

ワインが止まらない!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
最近、イートインでお酒とのマリアージュを提案するパン屋さんが人気です。そこで今回は、ワインがどんどんすすむおつまみサンドイッチのレシピをご紹介。

カフェ併設の店で食べ方を含めてパンの楽しさを提案する『グリオット』さんに教えてもらいました。

カフェで焼きたてが味わえるブーランジェリー『グリオット』

駒沢公園そばにあるカフェ併設のブーランジェリー。パンのイートインもコーヒーだけの利用もOKで、ワインとのマリアージュも楽しめます。

「焼きたてのパンを」「おいしい食べ方で」味わってほしいという想いからだそうです。料理人としてフランス修業経験もあるシェフのサンドイッチも評判。店内にはフムスやニンニクのコンフィといった「パンのおとも」も並びます。

今回はシェフの小島正義さんに、ブルゴーニュの赤ワインに合う一品を教えてもらいました。

小島さんが考える、パンとワインのマリアージュ

「ウフ・アン・ムーレットはブルゴーニュの郷土料理で、赤ワインでつくるポーチ・ド・エッグのこと。ワインと産地の郷土料理を合わせるのは、ビギナーでも簡単に真似ができるマリアージュの基本です。

ポーチ・ド・エッグは市販の温泉卵を使うと簡単で、あとは冷蔵庫にある材料で作れる家庭版レシピ。ほのかな酸味のある赤ワインソースと卵のコクが、豊かな果実味とエレガントな酸があるブルゴーニュの赤にぴったり。フォークとナイフで食べるオープンサンドは、テーブルも華やかになります」

小島さんが教える「ビストロ風オープンサンド」のレシピ

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

meiko

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう