連載

通がかよう恵比寿の人気焼鳥バル直伝「いぐちP1Nカレー(仮)」のレシピ

おいしい「まかない飯」を求めてmacaroni編集部がキッチンにお邪魔する連載企画。今回はピンチョス焼鳥の人気店「中目黒いぐちP1N」で、鶏のうまみが堪能できるカツカレーをいただきました。ポイントはカレーには珍しい“あの”食材を使うこと!

いぐちP1Nカレー(仮)

あちこちの人気店にmacaroni編集部がお邪魔して、おいしい「まかない飯」の作り方を教わる連載企画。
今回は恵比寿駅から徒歩3分、大人の隠れ家的な焼鳥店「中目黒いぐちP1N(ピン)」に行ってきました。

ムードいっぱいのおしゃれな空間ですが、本日のまかない飯は“大人も子どもも、みんな大好き”カレーライス。しかもメニュー化するかもしれないので、名前は「(仮)」としています。

「中目黒いぐち」さんならではのカレー、一体どんな技が隠されているのか楽しみです!それではさっそく「いぐちP1Nカレー(仮)」のレシピを紹介していきます。

【レシピ】チキンカレー

まずは鶏もも肉を使ってチキンカレーを作ります。

材料(4人分)

鶏もも肉:300g
玉ねぎ:2個半
大根:1/3本
にんにく:1かけ
しょうが:1かけ
カレールー:1/3箱
鶏白湯スープ:500ml
水:1000ml

【調味料】
中濃ソース:大さじ2
ガラムマサラ:大さじ1
塩:適量
ブラックペッパー:適量

作り方

1. 大根はいちょう切りにして、下茹でしておく。玉ねぎ2個を1.5〜2センチ幅にスライスし、鶏もも肉はひと口大に切る。
2. 玉ねぎ1/2個、にんにく、しょうがをみじん切りにする。
3. 鍋に油を引き、2のしょうが、にんにく、玉ねぎを弱火で炒める。
4. 別の鍋で、塩、ブラックペッパーで下味をつけた鶏もも肉とスライスした玉ねぎを中火で炒める。ある程度火が入ったら、水を加えながら鍋のまわりについた肉のうまみを刮ぎ、3の鍋に移す。
炒めているとお肉が鍋にくっついてしまいますが、あとで水を加える際に木べらで剥がすので、あまり気にしなくて大丈夫。こうすることで肉のうまみを逃さず取り込みます。
3の炒めた香味野菜と合わせます。大きな鍋がひとつしかない場合は、香味野菜をフライパンで炒めてもいいそうです。
5. 大根、鶏白湯スープを加えて煮込む。
こちらが「中目黒いぐちP1N」自慢の鶏白湯スープ。見るからに濃厚です。自宅で作る際には、通常の鶏がらスープでOKとのこと。

特集

SPECIAL CONTENTS