代官山「パティスリー レザネフォール」は、スイーツ好きが一度は訪れたいお店

見ているだけでうっとりしてしまうような、ビジュアル抜群のケーキがあるお店「パティスリー レザネフォール」の紹介です。お店はパリのレトロモダンな雰囲気で、ケーキを選ぶテンションも上がります。スイーツ好きなら一度はチェックですよ。

レトロモダンがテーマのパティスリー

フランスの1920年代を指すことば「レザネフォール」。この時代は、パリが反映したとても良い時代です。その後、第一次大戦や世界大恐慌時代には、ピカソやココシャネルなど多くの文化人を輩出します。

この、クラシックからモダンに移り変わる、自由と活気に満ちた反映の時代をテーマに、お菓子を表現しているお店が「レザネフォール」です。
「レザネフォール」外観。「恵比寿駅」から徒歩2分。「代官山駅」からも徒歩5分と、とても立地のよい場所にあります。

おしゃれなレンガ造りの外壁に、爽やかなブルーの屋根が映えます。ドアは大きなガラス張りなので、中の様子が見ることもできますね。
店内は、こちらも爽やかな真っ白の壁に、レトロな感じの照明。ここにレトロモダンのコンセプトが活きているんですね。異空間に足を踏み入れたようで、ちょっとワクワクします。
店内にある大きなショーケースには、本当に色とりどりのケーキがずらり。見ているだけで飽きないラインナップの豊富さです。

誰かにお土産で渡すつもりが、ついつい自分用にも購入してしまいそうです。

人気のラインナップを紹介

「ガトーシャンティフレーズ」
見た目はオーソドックスなショートケーキのようですが、柔らかいスポンジ、甘さ控えめのなめらかな生クリーム、程よいバランスのイチゴ。すべてのバランスが一流と言われるほどのケーキです。
「モンブラン」
熊本県産の和栗を使用しているというモンブランは、和栗を使用していながら、きちんと洋菓子のテイストなのだそうです。モンブランの中心部には、渋皮煮と、ちょっと変わった仕掛けがあるのだとか。自分で食べて確かめてみたくなりますね。
「ネグレスコ」

南国っぽさを感じる、パイナップルがどっさりトッピングされた、ナッツザクザクのチョコレートムースです。チョコレートとパイナップルとは、ありそうでなかった組み合わせですね。

フルーツ系は季節に合わせてラインアップが変わるので、季節が変わるごとに、訪れる楽しみもありますね。
「タルトフリュイ」

女子受けバツグンの可愛いピンクのタルト。アメリカンチェリーを使用していて、カスタードクリームと、タルトの相性がバツグンなのだそうです。女子会のお持たせにすれば、取り合いになること間違いなしのケーキですね。

チョコ系と、ビジュアル可愛い系は、複数買うことをおススメします(笑)
こんなにおいしそうなケーキが、こんなにたくさんあるのなら、特別な日でなくても買って帰りたくなってしまいますね。

食べ過ぎで、体重増加に気をつけてください。

店舗情報

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 グレイス代官山 1F 
電話番号:03-6455-0141 
営業時間:10:00~22:00
定休日:不定休 
公式ホームページ:http://lesanneesfolles.jp/
▼代官山周辺のスイーツ店は、下記サイトから探せます!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう